「スバルBRZ」にワンメイクレース車両が登場

2013.01.25 自動車ニュース

「スバルBRZ」にワンメイクレース用の競技車両が登場

富士重工業は2013年1月25日、ワンメイクレース参戦用車両として競技用の架装を施した「スバルBRZ RA Racing」を発表した。

「スバルBRZ RA Racing」は、カスタマイズに最適な「RA」グレードをベースに、ブレーキ性能の向上やトルセンLSD、空冷式エンジンオイルクーラーの装備などといった改良を施したものである。4点式シートベルトや6点式ロールケージなどの安全装備も備えており、レースなどのサーキット走行を想定した仕様となっている。

なお、このモデルは2013年夏より開催を予定しているワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に、トヨタテクノクラフトから発売される「86 Racing」と共に参戦が可能だ。

ボディーカラーは、標準車と同じく「WRブルー・マイカ」など全7色から選択可能。トランスミッションは6段MTのみで、価格はベース車より81万円高の286万8000円。

「スバルBRZ RA Racing」の主要装備は以下のとおり。

・フロント/リアベンチレーテッドディスクブレーキ
・専用ブレーキダクト(フロント左右・車両搭載)&専用ブレーキバックプレート
・トルセンLSD(リミテッド・スリップ・デフ)
・空冷式エンジンオイルクーラー
・4点式シートベルト(FIA 公認、競技専用部品・車両搭載)&アンカーボルト装着
・6点式ロールケージ(サイドバー付き)
・マニュアルエアコン(クリーンフィルター付き)
・専用フロアマット(運転席/助手席・車両搭載)
・フロントトランスポートフック&リアトランスポートフック(競技専用部品・車両搭載)

(webCG)

「スバルBRZ RA Racing」
「スバルBRZ RA Racing」 拡大
4点式シートベルトと6点式ロールケージを備えた車内。「RA Racing」は架装車両のために持ち込み登録となるほか、車両保証も一般車両とは異なり、レース等のイベントに参加した時点で、車体、架装部分ともに保証は無効となる。
4点式シートベルトと6点式ロールケージを備えた車内。「RA Racing」は架装車両のために持ち込み登録となるほか、車両保証も一般車両とは異なり、レース等のイベントに参加した時点で、車体、架装部分ともに保証は無効となる。 拡大

関連キーワード:
BRZ, スバル, 自動車ニュース

スバル BRZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバルBRZ GT300」シェイクダウンイベントの会場から 2021.2.24 画像・写真 2021年シーズンのSUPER GTに参戦するニューマシン、新型「スバルBRZ GT300」のシェイクダウンが、富士スピードウェイで行われた。その様子とマシンのディテールを写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツCクラス 2021.2.24 画像・写真 新世代の「メルセデス・ベンツCクラス」がデビュー。セダン、ワゴンそろって、その姿が公開された。クラシカルなプロポーションが特徴のエクステリアや、新型「Sクラス」の要素を取り入れたというインテリアを写真で紹介する。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
ホームへ戻る