「スバルBRZ」にワンメイクレース車両が登場

2013.01.25 自動車ニュース

「スバルBRZ」にワンメイクレース用の競技車両が登場

富士重工業は2013年1月25日、ワンメイクレース参戦用車両として競技用の架装を施した「スバルBRZ RA Racing」を発表した。

「スバルBRZ RA Racing」は、カスタマイズに最適な「RA」グレードをベースに、ブレーキ性能の向上やトルセンLSD、空冷式エンジンオイルクーラーの装備などといった改良を施したものである。4点式シートベルトや6点式ロールケージなどの安全装備も備えており、レースなどのサーキット走行を想定した仕様となっている。

なお、このモデルは2013年夏より開催を予定しているワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に、トヨタテクノクラフトから発売される「86 Racing」と共に参戦が可能だ。

ボディーカラーは、標準車と同じく「WRブルー・マイカ」など全7色から選択可能。トランスミッションは6段MTのみで、価格はベース車より81万円高の286万8000円。

「スバルBRZ RA Racing」の主要装備は以下のとおり。

・フロント/リアベンチレーテッドディスクブレーキ
・専用ブレーキダクト(フロント左右・車両搭載)&専用ブレーキバックプレート
・トルセンLSD(リミテッド・スリップ・デフ)
・空冷式エンジンオイルクーラー
・4点式シートベルト(FIA 公認、競技専用部品・車両搭載)&アンカーボルト装着
・6点式ロールケージ(サイドバー付き)
・マニュアルエアコン(クリーンフィルター付き)
・専用フロアマット(運転席/助手席・車両搭載)
・フロントトランスポートフック&リアトランスポートフック(競技専用部品・車両搭載)

(webCG)

「スバルBRZ RA Racing」
「スバルBRZ RA Racing」 拡大
4点式シートベルトと6点式ロールケージを備えた車内。「RA Racing」は架装車両のために持ち込み登録となるほか、車両保証も一般車両とは異なり、レース等のイベントに参加した時点で、車体、架装部分ともに保証は無効となる。
4点式シートベルトと6点式ロールケージを備えた車内。「RA Racing」は架装車両のために持ち込み登録となるほか、車両保証も一般車両とは異なり、レース等のイベントに参加した時点で、車体、架装部分ともに保証は無効となる。 拡大

関連キーワード:
BRZ, スバル, 自動車ニュース

スバル BRZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • 新型スバルBRZ(その1) 2021.4.5 画像・写真 2020年秋に世界初公開された新型「スバルBRZ」。その日本仕様がついにお披露目された。より低い位置に配されたフロントグリルや、新しい形状のフロントフェンダーなどによって力強さを増した新型BRZの実車を、写真で紹介する。
  • MINIクーパーSコンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2021.9.30 試乗記 今や貴重な4座のコンパクトオープンカー「MINIコンバーチブル」が、「MINI 3ドア/5ドア」ともどもマイナーチェンジを受けた。モデルライフで2度目の大幅改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 上級仕様の「クーパーS」で確かめた。
  • ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場 2021.9.23 自動車ニュース ケータハムから軽自動車規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場。2014年に発売された「セブン160」の後継車種にあたり、最も軽い仕様では乾燥重量440kgを実現するなど、ケータハムの量産車史上、最も軽量なモデルとなっている。
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
ホームへ戻る