「アウディR8」がマイナーチェンジ

2013.01.18 自動車ニュース

アウディ、高性能スポーツの「R8」に新開発の7段Sトロニックを搭載

アウディジャパンは2013年1月18日、マイナーチェンジが施された新型「R8」の予約受付を開始した。発売は2013年の初春を予定している。

今回の改良では、トランスミッションを6段のシングルクラッチ式セミATだった「Rトロニック」から、新開発となる7段デュアルクラッチ式の「Sトロニック」に変更。燃費と加速の両性能を向上させ、0-100km/h加速は「クーペ4.2FSIクワトロ」で4.3秒、「クーペ5.2FSIクワトロ」で3.6秒、「スパイダー5.2FSIクワトロ」で3.8秒となった。

一方で、MT車のラインナップ拡大も図っており、「クーペ4.2FSIクワトロ」に加えて「クーペ5.2FSIクワトロ」にも6段MT車を設定。より放熱性に優れたウエーブブレーキディスクを採用するなど、ブレーキシステムも改良している。

内外装については、エクステリアでは新形状のLEDヘッドライトやリアコンビネーションランプを採用したほか、フロントバンパーやグリル、ディフューザーなどの形状を変更。リアに装着する「R8」バッジのデザインも一新した。
一方インテリアでは、センターコンソールまわりにハイグロスブラックパーツを、パワーウィンドウスイッチなどにアルミニウム調パーツを採用。操作性を高めるため、シフトパドルも新形状となった。

各グレードの価格は以下の通り。
・クーペ4.2FSIクワトロ:1749万円(6MT)/1819万円(7AT)
・クーペ5.2FSIクワトロ:2069万円(6MT)/2139万円(7AT)
・スパイダー5.2FSIクワトロ: 2359万円(7AT)

(webCG)

「アウディR8」
「アウディR8」 拡大
※写真はいずれも本国仕様
※写真はいずれも本国仕様 拡大

関連キーワード:
R8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ R8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
ホームへ戻る