クライスラーからマッスルな“SRT”が復活【東京オートサロン2013】

2013.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン2013】クライスラーのハイパフォーマンスシリーズ“SRT”が日本再上陸

フィアット クライスラー ジャパンは2013年1月11日、千葉県の幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2013 with NAPAC」にSRTブースを出展。「ジープ・グランドチェロキー SRT8」と「クライスラー300 SRT8」の2台を発表した。

■排気量は軽自動車10台分!

「SRT」とは「Street and Racing Technology」の略称であり、クライスラーが展開するハイパフォーマンスカーブランドにあたる。2002年の誕生当時は、各モデルの最上級グレードの呼称として使われていたが、2011年に高性能モデルを開発、販売するブランドとして独立した。

日本でも、かつて「クライスラー300C」と「ジープ・グランドチェロキー」「ダッジ・チャージャー」のSRT8が正規導入されていたが、いずれもすでに販売は終了。今回、二度目の上陸をはたした。

今回日本に導入されるのは、「クライスラー300 SRT8」と「ジープ・グランドチェロキー SRT8」の2モデル。いずれも先代モデルより300ccほど排気量の大きな6.4リッターV8エンジンを搭載しており、前者は472ps/6100rpm、64.3kgm/4150rpm、後者は468ps/6250rpm、63.6kgm/4100rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、いずれも5段ATとなる。

内外装も特別に仕立てられており、ともに専用のエアロパーツや20インチホイール、「SRT」のロゴがあしらわれたナッパレザーとスエードのコンビシートなどが採用される。さらに「300」には、SRT8専用フロントグリルや、ポルトローナフラウ社製の“フォリーニョ”レザーインテリアトリム、Harman Kardon製プレミアムスピーカーなども用意されている。

また「グランドチェロキー」については、特別限定車の「グランドチェロキー SRT8アルパイン」「グランドチェロキー SRT8ベイパー」も同時に発表された。ともにブラッククロームの20インチアルミホイールやグロスブラックのフロントグリルなどで外装がコーディネートされており、「ベイパー」は黒、「アルパイン」はSRT8としては初となる白のボディーカラーが採用される。

発売は2013年3月2日を予定しており、「ベイパー」は50台、「アルパイン」は20台の限定で販売される。

各モデルの価格は以下の通り。
・クライスラー300 SRT8:638万円
・ジープ・グランドチェロキー SRT8:688万円
・ジープ・グランドチェロキー SRT8アルパイン:698万円
・ジープ・グランドチェロキー SRT8ベイパー:698万円

(webCG)

「クライスラー300 SRT8」と「ジープ・グランドチェロキーSRT8」
「クライスラー300 SRT8」と「ジープ・グランドチェロキーSRT8」 拡大
「300 SRT8」と、フィアット クライスラー ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長。
「300 SRT8」と、フィアット クライスラー ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長。 拡大
「300 SRT8」のインパネまわり。
「300 SRT8」のインパネまわり。 拡大
レザーとスエードのコンビシート。写真は「300 SRT8」のもの。
レザーとスエードのコンビシート。写真は「300 SRT8」のもの。 拡大
「ジープ・グランドチェロキー SRT8」。展示されていたのは、3月2日発売予定の特別限定車「アルパイン」だ。
「ジープ・グランドチェロキー SRT8」。展示されていたのは、3月2日発売予定の特別限定車「アルパイン」だ。 拡大
SRT8シリーズに搭載される6.4リッターV8エンジン。半球状の燃焼室を取り入れた特殊なOHVエンジンで、1気筒あたり2本のスパークプラグや可変バルブタイミング、負荷の少ない走行状況下で4気筒を休止する気筒休止システムなどが採用されている。
SRT8シリーズに搭載される6.4リッターV8エンジン。半球状の燃焼室を取り入れた特殊なOHVエンジンで、1気筒あたり2本のスパークプラグや可変バルブタイミング、負荷の少ない走行状況下で4気筒を休止する気筒休止システムなどが採用されている。 拡大

関連キーワード:
300C, グランドチェロキー, クライスラー, ジープ, 自動車ニュース

クライスラー 300C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
  • 日産「X-TRAIL(エクストレイル)」デビュー! 2000.10.20 自動車ニュース 10月19日、かつてのMZA有明(ディスコね)ことディファ有明で、日産の小型ヨンク、「X-TRAIL(エクストレイル)」が発表された。イベントは、演壇中央に置かれたX-TRAILの前で仁王立ちするカルロス・ゴーン氏を中心に進められ、左右のクルマの横で、開発者が交互に説明。最後に、ターゲットユーザー、もとい! お客さまの声にさっぱり耳を傾けて来なかったという反省をこめて日産が「パートナーユーザー」と呼ぶ、の若者代表、スノーボーダーやらフリーライドスキーヤーやらフリークライマーやらの選手で構成される「team X-TRAIL」のメンバーとゴーン氏が握手するの図、で幕を閉じた。■4人と4人の荷物を積んで、GO!「4人で出かけたら、4人分の荷物が積めなくてはならない。当たり前のことをきちんとやりました」と胸を張るX-TRAILのボディサイズは、全長×全幅×全高=4445×1765×1675mm。トヨタRAV4やホンダCR-Vより、じゃっかん大きい。しかし、「ガラスエリアを広く取り、ボンネットの不可視領域を短く」(広報資料)することで、取り回しに配慮したという。最小回転半径は5.3m。フロントフェンダーは、「軽い接触ならたわんで復元する樹脂」製である。内装では、仲間に埋没したい若者気質(日産の分析)を反映して、皆が「場」を共有できるようセンターメーターを採用。シートは、汚れに強い撥水加工が施される。ちょっとツルツルする。ドアの下端がサイドシルの上ではなく、サーブのようにシルを覆う構造のためズボンの裾が汚れにくいというニクイ工夫も見逃せない。荷室は、濡れたウェットスーツやら汚れたスノボやら泥のついたマウンテンバイクやらをそのまま積めるよう、荷室床面たる「ラゲッジボードは取り外して水洗いできます」。■ホントのSUVエンジンは、2リッターNAが新型「QR20DE」ユニット(150ps/6000rpm、20.4kgm/4000rpm)、同ターボが「SR20VET」(280ps/6400rpm、31.5kgm/3200rpm)。組み合わされるトランスミッションは、前者が4ATと5MT、後者はオートマのみとなる。ちなみに、280psターボは、可変バルブリフト&タイミングを搭載して、中低回転域のトルク向上とピークパワーの両立を図ったもの。シルビアに積んで欲しい。四輪駆動システムは、テラノと同等のスペックをもつ本格派。多板クラッチを電子制御するいわゆる「オールモード4×4」で、「AUTO」「FF」「LOCK」からモードを選択できる。サスペンションは、4輪ストラット。価格は、2リッターNA(FF/4WD)=185.0から205.0万円/200.0から220.0万円。ターボモデルが282.5万円。「販価が高い」「とり回しが悪い」「燃費が悪い」「昇降性が悪い」といったヨンクのマイナス項目を消し去ったエクストレイルは、「スポーツとユーティリティを高いレベルで両立させた」リアルSUV、と日産は主張する。「断じてライトクロカンの後追いではない」とも。後追いモデルがネガを潰せるのは当たり前、と思わないでもないが、「そんなこたァ関係ない」と消費者が判断することは、倉木麻衣を見ればすぐわかる。(web CG アオキ)
  • ホンダ、ハイブリッド車第2弾! 2001.9.7 自動車ニュース ホンダは、2001年9月4日、「シビック」ハイブリッド版の発売を今年12月に決定したと、発表した。
ホームへ戻る