「日産NV350キャラバン」にワイドボディー登場

2012.12.07 自動車ニュース

日産、「NV350キャラバン」のワイドボディーを発売

日産自動車は2012年12月7日、本年6月に発売された「NV350キャラバン」にワイドボディー仕様を追加。販売を開始した。

「NV350キャラバン」には、これまで「ロングボディ 標準幅 標準ルーフ」(全長×全幅×全高=4695×1695×1990mm)と、「スーパーロングボディ 標準幅 ハイルーフ」(同5080×1695×2285mm)の2種類のボディーバリエーションが用意されていた。

今回追加された「スーパーロングボディ ワイド幅 ハイルーフ」は、この2台を上回る全長×全幅×全高=5230×1880×2285mmというボディーサイズを確保。バリエーションはバンとマイクロバスの2種類で、バンは「ロングボディ 標準幅 標準ルーフ」より3000リッターも大きな8400リッターの荷室空間を、マイクロバスは5列14人乗りのキャビンを備えている。

エンジンは2.5リッターガソリン(147ps/5600rpm、21.7kgm/4400rpm)と、2.5リッターディーゼルターボ(129ps/3200rpm、36.3kgm/1400-2000rpm)の2種類。設定されるトランスミッションは5段ATのみとなっており、燃費性能はバンのディーゼル車(FR車)で11.8km/リッター(JC08モード)を記録する。

グレードは、バンは「DX」のみだが、マイクロバスは「DX」と「GX」の2種類を用意。価格はバンが231万5250円から310万3800円、マイクロバスが271万8450円から332万2200円となっている。

このほかにも、日産は「NV350キャラバン」に今回「クロムギアパッケージ」を追加。内容はリモコンメッキドアミラーや15インチアルミホイール、本革巻きステアリング、専用はっ水シート地などとなっており、2013年1月に発売の予定だ。

パッケージ装着車の価格は、バンの「ロングボディ 標準幅 標準ルーフ」が277万8300円から366万8700円、バンの「スーパーロングボディ ワイド幅 ハイルーフ」が263万250円から341万8800円。

(webCG)

「日産NV350キャラバン バンDX スーパーロングボディ ワイド幅 ハイルーフ」
「日産NV350キャラバン バンDX スーパーロングボディ ワイド幅 ハイルーフ」 拡大
バンの荷室は、奥行き3395mm(ロングボディより+355mm)、幅1730mm(同+185mm)、高さ1640mm(同+295mm)の広さを確保。
バンの荷室は、奥行き3395mm(ロングボディより+355mm)、幅1730mm(同+185mm)、高さ1640mm(同+295mm)の広さを確保。 拡大

関連キーワード:
NV350キャラバン, 日産, 自動車ニュース

日産 NV350キャラバン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る