内装にこだわった「トヨタ・ヴィッツ」発売

2012.12.05 自動車ニュース

内装にこだわった「トヨタ・ヴィッツ」発売

トヨタ自動車は2012年12月5日、コンパクトカーの「ヴィッツ」に特別仕様車「F“Ciel(シエル)”」「F“SMART STOPパッケージ・Ciel”」を設定。販売を開始した。

今回の特別仕様車は、1リッターの「F」と1.3リッターの「F」「F“SMART STOPパッケージ」をベースに、インテリアを専用の仕立てとしたものだ。

シートにはスエード調表皮を採用。インテリアカラーはブラックとベージュの2色を用意しており、ブラックの場合はシフトレバーベゼルやオーディオクラスターパネルなどにピンクベージュの塗装を、ベージュの場合は同じくピアノブラックの塗装を施している。

またIR(赤外線)カット機能付きスーパーUVカットガラス(フロントドア)やスマートエントリー&スタートシステムなどを特別装備。1.3リッター車にはオートエアコンも備えられる。

ボディーカラーは特別色の「ボルドーマイカメタリック」「シルキーゴールドマイカメタリック」「ダークブルーマイカ」「ダークブラウンマイカメタリック」に、「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラックマイカ」を加えた全6色。ボディーカラーと同色のカラードフロントグリルや、内装色に合わせた色の専用リアエンブレムも装備している。

価格は「F“Ciel”」が136万円から166万9000円、「F“SMART STOPパッケージ・Ciel”」が154万円と、ベース車から15万5000円から18万円高となっている。

(webCG)

「トヨタ・ヴィッツ F“Ciel”」(1.3リッター FF車)
「トヨタ・ヴィッツ F“Ciel”」(1.3リッター FF車) 拡大

内装にこだわった「トヨタ・ヴィッツ」発売の画像 拡大

内装にこだわった「トヨタ・ヴィッツ」発売の画像 拡大

内装にこだわった「トヨタ・ヴィッツ」発売の画像 拡大

内装にこだわった「トヨタ・ヴィッツ」発売の画像 拡大

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.1 試乗記 「セダン/ステーションワゴン」に続き、マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」が上陸。スタイリッシュなフォルムを追求した伝統の2ドアモデルは、いかなる進化を遂げたのか。最高出力258PSの「E300スポーツ」を通して確かめた。
ホームへ戻る