フィアットが新型「パンダ4×4」を披露【パリサロン2012】

2012.09.04 自動車ニュース

【パリサロン2012】フィアットが新型「パンダ4×4」を披露

伊フィアットは、2012年9月27日に開幕するパリモーターショーで新型「パンダ4×4」を公開する。

ベース車両の標準型「パンダ」が2011年にモデルチェンジしたことを受け、その派生モデルである4WDの「パンダ4×4」も新型に移行する。

ボディーサイズは全長368×全幅167×全幅160cm。4WDシステムにはフィアットが「トルク・オン・デマンド」と呼ぶ、電子制御カップリングを備えるタイプが採用される。エンジンは0.9リッターの2気筒“ツインエア”ガソリンターボ(85ps)と、1.3リッターディーゼル(75ps)の2種類。

4WD仕様のほかに今後、「トレッキング」という名のFFモデルと、メタノールとガソリンの混合燃料が使用できる「ナチュラルパワー」という仕様が設定されるという。

(webCG 竹下)

「フィアット・パンダ4×4」
「フィアット・パンダ4×4」 拡大

フィアットが新型「パンダ4×4」を披露【パリサロン2012】の画像 拡大

フィアットが新型「パンダ4×4」を披露【パリサロン2012】の画像 拡大

フィアットが新型「パンダ4×4」を披露【パリサロン2012】の画像 拡大

関連キーワード:
パンダ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット パンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る