ホンダ、「アコード/トルネオ」「アコードワゴン」を改良

2001.06.07 自動車ニュース

ホンダ、「アコード/トルネオ」「アコードワゴン」を改良(6/7)

本田技研工業は、「アコード/トルネオ」と「アコードワゴン」を一部改良、「アコード/トルネオ」にスポーティグレード「SiR Euroパッケージ」を新設定し、2001年5月31日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、内外装の変更、オーディオ装備の充実などが図られた。「アコード/トルネオ」では、オーディオレス仕様の「1.8VTE」を除く全車で、カセットからCDプレイヤーにグレードアップ。いっぽうの「アコードワゴン」では、カセットからMDプレーヤーに変更した。加えて、アコードワゴン「SiR」の特別仕様車「スポーティア」に、6連奏CDチェンジャーを採用した。

アコードワゴン「2.3Vi」と「2.3VTL」は、シート地をグレーからブラックに変更。「Vi」にエアロパーツ、アルミホイールなどを与えた特別仕様車「プライベートスタイルX」も、同様の変更を受けた。

価格は、従来モデルから据え置かれた。「アコード/トルネオ」が、「1.8VTE」の155.3万円(FF、5MT)から、「EuroR」の253.3万円(FF、5MT)まで。アコードワゴンは、「2.3Vi」の209.8万円(FF、4AT)から、「SiR スポーティア」の276.8万円(4WD、4AT)まで。

アコード/トルネオに加わった「SiR Euroパッケージ」は、2リッター直4VTEC(180ps/7000rpm、19.6kgm/5500rpm)を搭載したスポーティグレード「SiR」を、さらにスポーティーに飾ったグレード。ボディ同色のロアスカートを、フロント/サイド/リアに装着、スポーツモデル「EuroR」と同じ、ベージュゴールドに塗られたアルミホイールを備えたのが特徴となる。またシート地とドアトリムにブラックとベージュを配し、力強さを演出した。価格は、「SiR」の15.0万円高、234.8万円。なお、「SiR Sパッケージ」は今回からなくなった。

(webCG 平山)

本田技研工業「アコード」:
http://www.honda.co.jp/ACCORD/
同「トルネオ」:
http://www.honda.co.jp/TORNEO/
同「アコードワゴン」:
http://www.honda.co.jp/ACCORDwagon/

 
ホンダ、「アコード/トルネオ」「アコードワゴン」を改良の画像

関連キーワード:
アコード, アコードワゴン, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ アコード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
  • ホンダが新型「アコード」の情報をホームページで先行公開 2020年初めに国内導入を予定 2019.8.2 自動車ニュース 新型は、ロー&ワイドで流麗なエクステリアデザインと、ゆとりある室内空間がセリングポイント。リニアで軽快、かつ上質な走りを楽しめるハイブリッドモデルに仕上がっているという。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
ホームへ戻る