フォード、「クーガ」に最上級グレードを追加

2012.08.07 自動車ニュース

フォード、「クーガ」に最上級グレードを追加

フォード・ジャパン・リミテッドは2012年8月7日、コンパクトSUV「クーガ」に最上級グレード「Individual(インディビデュアル)」を追加設定し、9月1日に発売すると発表した。

今回追加される「クーガ インディビデュアル」は、大型リアスポイラーや専用のボディーキット、19インチの専用アルミホイールなどを装備する「クーガ」の最上級モデル。「クーガのデザインコンセプトであるKinetic(キネティック=動的な)デザインをより強調し、より個性的で、スポーティーな印象を高めたモデル」(プレスリリース)だという。
また、インテリアにもブラックの本革にホワイトのパイピングを施したシートなど、専用のデザインが採用されている。
車両価格は398万円。ボディーカラーは「パンサーブラック」と「アイスホワイト」の2色が用意される。

主な装備は以下の通り。

<エクステリア>
・専用ロアーグリル(フロント)
・専用ロアーバンパー(フロント、リア)
・専用デザイン スキッドプレート(フロント、リア)
・専用ボディーカラー サイドモールディング(サイドスカート)
・専用ボディーカラー ホイールアーチモールディング
・専用大型リアスポイラー
・19インチタイヤ&専用デザインアルミホイール

<インテリア>
・専用本革シート(Individualロゴ入り)
・専用デザインドアトリム
・専用スカッフプレート(Individualロゴ入り)

<安全装備>
・パーキングソナー(フロント、リア)

(工藤考浩)

「フォード・クーガ インディビデュアル」
「フォード・クーガ インディビデュアル」 拡大

フォード、「クーガ」に最上級グレードを追加の画像 拡大

関連キーワード:
クーガ, フォード, 自動車ニュース

フォード クーガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2013.8.18 試乗記 フォードのグローバルプロダクトとして、「フォーカス」に続いて日本上陸を果たした新型「クーガ」。世界中のリソースを投入して開発された新型SUVは、どのようなクルマに仕上がっていたのか?
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
ホームへ戻る