メルセデス、「Cクラス」全モデルの仕様を変更

2012.07.26 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「Cクラス」全モデルの仕様を変更

メルセデス・ベンツ日本は2012年7月26日、仕様・装備が変更された「メルセデス・ベンツCクラス」のセダン、ステーションワゴン、クーペ各モデルを発売した。

今回、「メルセデス・ベンツCクラス」の新グレード「C180ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」「C180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」が発売された。
これは、1.8リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレード「C180ブルーエフィシェンシー」「C180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン」をベースに、“アバンギャルド仕様”の装備を与えながら、「AMGスタイリングパッケージ」や「アドバンストライトパッケージ」を追加し、スポーティーなエクステリアを演出したというモデル。さらに、メモリー付きのフロントパワーシートや分割可倒式のリアシートで、使い勝手の向上も図られている。

価格は、セダン「C180ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」が449万円、ワゴンの「C180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」が469万円。

あわせて、その他既存モデルについても仕様・装備の変更が実施された。各モデルの主な変更点と価格は以下のとおり。(カッコ内はこれまでとの差)


・「C180ブルーエフィシェンシー」:399万円(同じ)
・「C180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン」:419万円(同じ)
駐車時の操作をサポートする「パーキングアシストリアビューカメラ」や、より最適なルート案内を可能にする「VICS3メディア」を装備。


・「C200ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」:499万円(−10万円)
・「C200ブルーエフィシェンシー アバンギャルド ステーションワゴン」:519万円(−10万円)
「メモリー付きパワーシート」「後席分割可倒式シート」「VICS3メディア」を標準装備としながら、価格はこれまでより10万円引き下げられた。


・「C250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」:579万円(+7万円)
・「C250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド ステーションワゴン」:599万円(+7万円)
・「C350ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」:695万円(+15万円)
・「C350ブルーエフィシェンシー アバンギャルド ステーションワゴン」:715万円(+15万円)
上記4モデルには、「AMGスポーツパッケージ」「後席分割可倒式シート」「VICS3メディア」が与えられた。


・「C63 AMG」:1075万円(同じ)
・「C63 AMG ステーションワゴン」:1095万円(同じ)
・「C180ブルーエフィシェンシー クーペ」:435万円(同じ)
・「C250ブルーエフィシェンシー クーペ」:598万円(同じ)
・「C63 AMG クーペ」:1085万円(同じ)
以上5モデルには、いずれも「VICS3メディア」が追加された。


また、「C180ブルーエフィシェンシー」と「C63 AMG」のセダン/ステーションワゴン/クーペを除く全モデルについて、AMGトランクリッドスポイラーリップや18インチアルミホイール、専用スポーツシートといったスペシャルアイテムがセットになった新オプション「AMGスポーツパッケージプラス」が設定された。
「ユーティリティパッケージ」「アジリティパッケージ」など、既存のオプション装備についても価格の変更が実施されている。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツCクラス」のセダン(写真左)およびステーションワゴン(写真右)。
「メルセデス・ベンツCクラス」のセダン(写真左)およびステーションワゴン(写真右)。 拡大
こちらは2ドアモデルのクーペ。
こちらは2ドアモデルのクーペ。 拡大

関連キーワード:
Cクラス セダン, Cクラス クーペ, Cクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • レクサスNX【開発者インタビュー】 2021.10.7 試乗記 2021年6月に初のフルモデルチェンジが発表された「レクサスNX」。都会派のミドルサイズSUVは、いかなる進化を遂げたのか。国内仕様の発表にあたり、チーフエンジニアの加藤武明さんにブランド変革の方向性も含めて話を聞いた。
  • 「レクサスNX」がフルモデルチェンジ レクサス初のPHEVもラインナップ 2021.10.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年10月7日、新型「レクサスNX」の国内仕様を発表した。同年11月以降に販売を開始する予定。パワーユニットと駆動方式の組み合わせは全6種類で、レクサスブランド初のプラグインハイブリッド車も設定している。
ホームへ戻る