「BMW 3シリーズ」ハイブリッドモデルの受注開始

2012.07.25 自動車ニュース

BMW、「3シリーズ」ハイブリッドモデルの受注開始

BMWジャパンは2012年7月25日、「BMW 3シリーズセダン」のハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド3」の受注を開始すると発表した。

「アクティブハイブリッド3」は306psの3リッター直6ターボエンジンと54psの電気モーターの組み合わせにより、トータルで最高出力340ps、最大トルク45.9kgmを発生させるハイブリッドシステムを搭載する。
トランスミッションは8段ATで後輪を駆動する。0-100km/hは5.3秒。リチウムイオンバッテリーを搭載し、モーターのみを使って最長で3〜4km(最高速は75km/h)のEV走行が可能となっている。
JC08モードの燃費値は現在申請中のため公表されていないが、4気筒ガソリンエンジン車並みに抑えられているという。

既存の「3シリーズセダン」と同様に「スポーツ」「ラグジュアリー」「モダン」と3タイプのデザインラインが設定されるのに加えて、スポーティーな専用装備を追加した「M Sport(エム スポーツ)」も用意される。
車両価格は標準モデルの699万円(先代の6気筒モデル「335i」の13万円高)から「M Sport」の745万円まで。2012年9月からの納車を予定している。

(工藤考浩)

「BMWアクティブハイブリッド3」
「BMWアクティブハイブリッド3」 拡大
 
「BMW 3シリーズ」ハイブリッドモデルの受注開始の画像 拡大
 
「BMW 3シリーズ」ハイブリッドモデルの受注開始の画像 拡大
 
「BMW 3シリーズ」ハイブリッドモデルの受注開始の画像 拡大

関連キーワード:
アクティブハイブリッド3, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 750Li xDrive(4WD/8AT)/745Le(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.16 試乗記 マイナーチェンジされた「BMW 7シリーズ」に試乗。より存在感を増した“キドニーグリル”の大きさも気になるところだが、その進化の本質は“バイエルンのエンジン工場”ならではのパワートレインの洗練にあった。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
ホームへ戻る