「BMW 3シリーズ」ハイブリッドモデルの受注開始

2012.07.25 自動車ニュース

BMW、「3シリーズ」ハイブリッドモデルの受注開始

BMWジャパンは2012年7月25日、「BMW 3シリーズセダン」のハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド3」の受注を開始すると発表した。

「アクティブハイブリッド3」は306psの3リッター直6ターボエンジンと54psの電気モーターの組み合わせにより、トータルで最高出力340ps、最大トルク45.9kgmを発生させるハイブリッドシステムを搭載する。
トランスミッションは8段ATで後輪を駆動する。0-100km/hは5.3秒。リチウムイオンバッテリーを搭載し、モーターのみを使って最長で3〜4km(最高速は75km/h)のEV走行が可能となっている。
JC08モードの燃費値は現在申請中のため公表されていないが、4気筒ガソリンエンジン車並みに抑えられているという。

既存の「3シリーズセダン」と同様に「スポーツ」「ラグジュアリー」「モダン」と3タイプのデザインラインが設定されるのに加えて、スポーティーな専用装備を追加した「M Sport(エム スポーツ)」も用意される。
車両価格は標準モデルの699万円(先代の6気筒モデル「335i」の13万円高)から「M Sport」の745万円まで。2012年9月からの納車を予定している。

(工藤考浩)

「BMWアクティブハイブリッド3」
「BMWアクティブハイブリッド3」 拡大
 
「BMW 3シリーズ」ハイブリッドモデルの受注開始の画像 拡大
 
「BMW 3シリーズ」ハイブリッドモデルの受注開始の画像 拡大
 
「BMW 3シリーズ」ハイブリッドモデルの受注開始の画像 拡大

関連キーワード:
アクティブハイブリッド3, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 750Li xDrive(4WD/8AT)/745Le(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.16 試乗記 マイナーチェンジされた「BMW 7シリーズ」に試乗。より存在感を増した“キドニーグリル”の大きさも気になるところだが、その進化の本質は“バイエルンのエンジン工場”ならではのパワートレインの洗練にあった。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.29 試乗記 踏めば速いことは間違いないが、この「BMW M850i xDriveクーペ」にそうした乗り方はふさわしくない。真に味わうべきはスピードではなく、あふれ出るパワーと最新のテクノロジーがもたらす、ゆるりとした贅沢(ぜいたく)なひとときではないだろうか。
  • ミドルサイズSUV「レクサスRX」がマイナーチェンジ 2019.5.30 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月30日、マイナーチェンジした「レクサスRX」を発表した。最新型には新たなフロントデザインが与えられたほか、3列シート仕様のシートレイアウトが変更され、安全装備の機能改善も図られている。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
ホームへ戻る