メルセデス、C、Eクラスのエンジンを一部変更

2000.08.29 自動車ニュース

メルセデス、C、Eクラスのエンジンを一部変更(8/29)

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツCクラスのステーションワゴンに、特別仕様車「セレクション」を設定、8月25日より発売した。同時に、「Eクラス」「CLK」の一部グレードのエンジンを変更した。

「C200コンプレッサーステーションワゴンセレクション」は、2リッターのスーパーチャージャー付直4エンジンを搭載したモデル。過給機をも持たない従来型2リッターと比べ、パワーで27ps、トルクで4kgmアップの、163ps、23.4kgmを発生する。「よりスポーティな走行性能を実現」(広報資料)したという。専用装備は、本革巻ステアリング、本革巻シフトノブ、専用デザインのアルミホイールだ。 価格は、2リッターより10万円高の415.0万円。熟成しきったCクラスに、魅力的なモデルが加わった。

「C240ステーションワゴンセレクション」は、V6エンジンを従来の2.4リッターから2.6リッターに拡大。170psの最高出力は変わらないが、発生回転数は5500rpmと、400rpm低くなった。また、最大トルクは、1.6kgm増しの24.5kgm/4500rpmである。低中回転域でのトルク増大、発進時や中間加速時における走行性能の向上を図ったという。専用装備は、レザーツイン内装(本革&人工皮革/フロント・シートヒーターステップカバー)、専用デザインアルミホイールだ。価格上昇は5万円に抑えられ、500.0万円。

「E240」「E240ステーションワゴン」のV6エンジンは、C240ステーションワゴン同様、2.4リッターから2.6リッターに変更。車名は変わらず。「CLK」に搭載される2リッター直4には、スーパーチャージャーを装着、車名が「CLK200コンプレッサーアバンギャルド」になった。「E240」595.0万円、「同ステーションワゴン」625.0万円、「CLK200コンプレッサーアバンギャルド」535.0万円。
(web CG 有吉)

メルセデスベンツ「Cクラスステーションワゴン」サイト:
http://www.mbj.mercedes-benz.com/showroom/model_csw.jsp

 
メルセデス、C、Eクラスのエンジンを一部変更の画像

関連キーワード:
Cクラス セダン, Cクラス ステーションワゴン, Eクラス セダン, Eクラス ステーションワゴン, CLKクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • メルセデスAMG C63 Sセダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.8.20 試乗記 Dセグメントのボディーに500psオーバーのエンジンを搭載した「メルセデスAMG C63 S」。今回の改良で新たに9段ATが搭載されたが、実際に試乗すると、それ以上に注目すべきポイントがいくつも見受けられた。長足の進化の程をドイツよりリポートする。
ホームへ戻る