クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第246回:大矢アキオ、パリ式電気自動車カーシェアリング道場へ入門!?

2012.05.25 マッキナ あらモーダ!

第246回:大矢アキオ、パリ式電気自動車カーシェアリング道場へ入門!?

クルマ、自由、オトリブ

人間ができてきたからなのかどうかは知らないが、近ごろボクは「自動車を所有したい」という意欲が薄くなってきた。今はイタリアの、公共交通機関が貧弱な地方都市に住む身ゆえ、生活上自家用車は必須だ。
しかし年をとったらクルマが要らない大都市に引っ越して、クルマの維持費が浮いた分で芝居やコンサートに行ったり、うまいものを食べたりしたい。
クルマとは、同好の士とカタログや本を見ながら談義を楽しんだりする“お話派自動車評論家”として関わりたいと思っている。人のセンスや価値観はある程度クルマで表現できるものの、クルマだけで表現するものではない。そもそも人の価値は乗っているクルマで決まるものではない。

そんなボクが気になっていたサービスがある。フランス・パリ市の電気自動車(EV)シェアリング「Autolib(オトリブ)」だ。
オトリブは2007年に開始された自転車シェアリング「ヴェリブ」に次ぐシェアリング交通機関として、2011年12月にパリと周辺都市でサービスが開始された。「Autolib」とは“Auto”(自動車)と“liberte”(自由)を組み合わせた造語である。

実際に運営を担当しているのは民間企業ボロレ社だ。指名コンペでは 有名なレンタカー会社エイビスとパリ市交通局の共同事業体や、公共サービス企業で知られるヴェオリアを差し置いて採用された。参考までに、ボロレ社の社主ヴァンサン・ボロレ氏は、サルコジ前大統領の当選直後、彼の休暇のためヨットを貸したことで有名になった。

シェアリングに使用されるEV「ボロレ・ブルーカー」は、同社のバッテリー部門が製造するリチウムポリマー電池を搭載している。ボディーはボロレが大株主を務める伊ピニンファリーナ社が設計し、イタリア企業が製造したもの。スペック上の航続距離は約250kmである。
250カ所のステーションに250台を配備してスタートしたオトリブは、月300台の増車計画を進行中で、2012年夏までには1100ステーション、1740台を整備する予定という。

パリのカーシェアリング用EV「ボロレ・ブルーカー」。セーヌ左岸15区にて。
パリのカーシェアリング用EV「ボロレ・ブルーカー」。セーヌ左岸15区にて。 拡大
テールランプ横から充電用ポールまで電源コードが延びる。
テールランプ横から充電用ポールまで電源コードが延びる。 拡大
フロントのバッジには「Pininfarina bluecar」の文字が。
フロントのバッジには「Pininfarina bluecar」の文字が。 拡大
パリで使われる「ブルーカー」だが、ナンバーはブルターニュ登録である。
パリで使われる「ブルーカー」だが、ナンバーはブルターニュ登録である。 拡大

まずは登録から

今年2月、パリ15区に半月ほど滞在していたときのことだ。貸しアパートの近所にオトリブのステーションができていた。思い起こせば、前述のシェアリング自転車「ヴェリブ」ができた直後は、それを試してみたくて、わざわざ申し込みに必須なICチップ付きクレジットカードを作った。
しかし、いざ借りるとなると、「ボルヌ」といわれる操作端末の入力が複雑だったり、壊れていたりで結構手間取った。初心者の身には「自転車1台借りるのに、この苦労かよ」と思った。

あの苦労をもう一度繰り返すのかと思うと、カーシェアリングというものに興味こそあれ少々気が引けた。さらに窓の外を見ると、雪がちらつき始め、翌朝カーテンを開けるとかなり積もっていた。オトリブどころではない。

だがその日、外出予定を取りやめたボクは、せめてオトリブの仕組みを研究してみることにした。ラップトップPCでウェブサイトの1ページを開いてびっくり。パリのグーグル地図上におびたただしい数のフラッグが立っている。ステーション所在地と、現在利用可能なブルーカーの数がリアルタイムで表示されているのだった。ヴェリブとまったく同じである。

トップページに戻ると、「登録しましょう!」の文字がある。まあ、課金されないところまでやってみることにした。1年、1カ月、1週間といったプランもあるが、最短の1日プランを選んで先に進む。住所、氏名、メールアドレスなど個人情報を入力する。やがて顔写真、免許証、IDカードの画像を送信するようにとの表示がでた。アパートにスキャナーなどあるはずがない。だめだ……とうなだれながら、いいアイデアを思いついた。
免許証などをテーブル上に置いて一眼レフカメラで撮影し、JPEG画像にして送信してみた。すると、間もなく「受信しました」というメッセージが自分のメールアドレスに送られてきた。
「ユッピー(フランス語でやったーの意味)!」と思わず声を上げた。

オトリブの各ステーションで「ブルーカー」の貸し出し手続きを行う端末「ボルヌ」。同じシェアリングでも自転車版より立派である。
オトリブの各ステーションで「ブルーカー」の貸し出し手続きを行う端末「ボルヌ」。同じシェアリングでも自転車版より立派である。 拡大
オトリブのウェブサイトから。ステーション位置と乗車可能な台数がリアルタイム表示されている。
オトリブのウェブサイトから。ステーション位置と乗車可能な台数がリアルタイム表示されている。 拡大
「登録手続きが終わりました」の表示。ただし「有効にするためには、登録ステーションにおいでください」と!
「登録手続きが終わりました」の表示。ただし「有効にするためには、登録ステーションにおいでください」と! 拡大

登録するも乗れず

しかし、そう甘くはなかった。
よく読むと1日プランの場合、実際に「ブルーカー」を借りる前に「登録スペース」と名付けられた無人端末機までクレジットカードを持って赴かなければならないことがわかった。登録スペースは、すべてのステーションにあるわけではない。先ほどのグーグル地図上の表示を見て最寄りの所在地を確認しなければならない。

前述のようにその日は大雪。とてもクルマを試す気になれない。さらにボク自身も時間切れになってしまった。翌日イタリアに戻らなければならなかったのだ。次にパリに来るのは少なくとも1カ月以上先だ。それまで送信したデータが残ってるのかな。期限切れでもう一度頭からやり直し、なんていうことになったら泣ける。

唯一の気休めは、後日ボクのメールアドレスにたびたび送られるようになった「ぜひご利用ください」といったメールマガジンだった。

ちなみにイタリアに戻ってから、パリ在住の知人たちに「オトリブ、どうよ?」とたびたび聞いた。しかし返ってくる答えは、一様に「まだ使ったことないよ」だった。考えてみれば、彼らはみんないわゆる硬派のカーエンスージアストだから、カーシェアリングなどには興味ないのだろう。

というわけで、今回は試すところまでお伝えできなかったが、次回は涙なしには見られないオトリブ乗車奮闘記を動画付きでお届けする。ハンカチを手にお待ちください。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

ステーションの路面表示。
ステーションの路面表示。 拡大
「ブルーカー」は4人乗りだけあって、初代「スマート」と並ぶとそれなりに大きい。
「ブルーカー」は4人乗りだけあって、初代「スマート」と並ぶとそれなりに大きい。 拡大
かわいいカッティングシートが貼られた「ブルーカー」も。
かわいいカッティングシートが貼られた「ブルーカー」も。 拡大
待ってろ、オトリブ! そう言い残して筆者は立ち去ったのだった。
待ってろ、オトリブ! そう言い残して筆者は立ち去ったのだった。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。