クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第28回:20年代へGO!! タイムマシンはプジョー式!? − 『ミッドナイト・イン・パリ』

2012.05.24 読んでますカー、観てますカー

第28回:20年代へGO!! タイムマシンはプジョー式!? 『ミッドナイト・イン・パリ』

真夜中のパリに現れるクルマ

クルマに乗ってタイムスリップするといっても、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の二番煎じではない。監督は、ウディ・アレンなのだ。SFエンターテインメントなんて撮るわけがない。タイムマシンになるのは「プジョー・ランドレー タイプ184」である。聞き慣れない名前なのは、1920年代のクルマだから当然だ。「デロリアンDMC-12」よりはるかに昔のクルマだから、タイムトラベルの機能は劣る。行き先は1920年代に限られているのだ。

ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)と婚前旅行でパリに来ている。幸せの絶頂のはずだが、このカップルはどうもギクシャクしている。イネズは申し分のない美女ではあるが、オツムのほうは少々安っぽい。世間で流通する価値に何の疑問も抱かず、リッチで安楽な生活を送ることが最上であると信じるマテリアル・ガールなのだ。

それでもパリでの時間を2人で楽しもうとするのだが、偶然イネズの男友達ポール(マイケル・シーン)と出くわしてしまう。こいつがイヤな男で、やたらにウンチクを振り回して悦に入るタイプなのだ。ただの俗物だが、イネズは物事を深く考える習慣がないから、尊敬のまなざしで見つめる。ギルのいら立ちは募るばかりである。

ワインのテイスティングの会でポールがグラスをクルクルさせながら知識をひけらかした後、イネズはダンスをするというので彼についていってしまう。一人残されたギルが街をさまよっていると、0時を告げる時計の鐘が鳴り響く。すると、クラシックなプジョーが現れたのだ。

©2011 Mediaproducción, S.L.U., Versátil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.
©2011 Mediaproducción, S.L.U., Versátil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc. 拡大

第28回:20年代へGO!! タイムマシンはプジョー式!? − 『ミッドナイト・イン・パリ』の画像 拡大
©Automobiles Peugeot
「プジョー・ランドレー タイプ184」
コーチビルダーの「Labourdette」によるボディーを持つモデルで、1928年から29年にかけて生産された。6気筒80馬力のエンジンを持ち、内装はアールデコ様式に仕立てられている。
©Automobiles Peugeot
「プジョー・ランドレー タイプ184」
コーチビルダーの「Labourdette」によるボディーを持つモデルで、1928年から29年にかけて生産された。6気筒80馬力のエンジンを持ち、内装はアールデコ様式に仕立てられている。 拡大

旧いクルマは人を過去へ運ぶ

誘われるままに乗り込むと、到着した場所はさらに古めかしい建物だった。中では古き佳(よ)きファッションに身を包んだ男女が、ダンスに興じている。仮装パーティーのように見えるが、紹介された男はスコット・フィッツジェラルドと称していて、つれの女性はゼルダと名乗ったのだ。そして、ピアノを弾いているのはコール・ポーターだという。

さらにはヘミングウェイ、ダリ、ブニュエルにも会うことになる。ギルが憧れてやまないゴールデン・エイジ、1920年代にタイムスリップしていたのだ。小説家に転身しようとしていたギルは、ヘミングウェイに原稿を読んでもらいアドバイスを受けるという栄に浴することになる。そして、ピカソに出会ったギルは、その愛人であるアドリアナ(マリオン・コティヤール)と恋に落ちてしまう。

曲がりなりにもタイムトラベルの理屈付けをしていた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とは違い、この作品では何も説明はされない。深夜0時を過ぎるとどこからともなくプジョーが現れ、それに乗り込むと80年ほど時間をさかのぼってしまうのだ。昼間は「ミニ」や「スマート」が幅を利かせていたパリの街に、馬車型のクルマが走るようになる。街角に「プジョー401エクリプス」が停められていたのも見えた。厳密に言うとこれは30年代のクルマだが、細かいことを気にしてはいけない。

ファンタジーだから荒唐無稽な設定だけれど、旧(ふる)いクルマに乗ると過去に運ばれるというのは感覚としてはよくわかる。10年以上前のことだが、ルノーの試乗会に参加した折、用意されていた戦前のクルマに乗ってディナー会場に送られるという素晴らしい体験をした。窓から見えるパリの夜景は昼間とは別の表情をたたえ、夢のなかにいるような気分になった。フィッツジェラルドが顔を見せてもおかしくはない。


第28回:20年代へGO!! タイムマシンはプジョー式!? − 『ミッドナイト・イン・パリ』の画像 拡大

第28回:20年代へGO!! タイムマシンはプジョー式!? − 『ミッドナイト・イン・パリ』の画像 拡大
©Automobiles Peugeot
「プジョー401エクリプス」
1934年から35年にかけて生産されたプジョーの中型モデルが「401」。エクリプスとは電動折りたたみ式のルーフを指し、2000年デビューの「206CC」のはるか昔の原型にあたる。
©Automobiles Peugeot
「プジョー401エクリプス」
1934年から35年にかけて生産されたプジョーの中型モデルが「401」。エクリプスとは電動折りたたみ式のルーフを指し、2000年デビューの「206CC」のはるか昔の原型にあたる。
拡大

「プジョー204」なら大丈夫

ギルがアドリアナとパリの街を歩いていると、今度は道に馬車が現れる。乗り込んで連れていかれたのは、さらに驚くような場所だ。どうやら、馬車にもタイムマシン仕様があるらしい。

『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』では、洗濯機でタイムスリップしていた。あんな狭苦しいところに閉じ込められてまで、タイムトラベルをしたくはない。しかも、行き先がバブル期ってのがガッカリだ。たしかに散々楽しい思いはしたが、あの時代に帰るなんてもっての外だ。

同じバブルでも、1920年代のほうがはるかに楽しそうだ。社会革命の嵐が吹き荒れ、激動の中で人民が蜂起する。古い価値観が打ち壊され、新しい芸術が次々と生みだされる。パリでは、酒とバラの日々だ。しかし、クルマだって旧式なのだ。キーレスエントリーどころか、パワーウィンドウもない。エアコンだって付いていない。スピードは、命がけで頑張ってようやく100キロ出るかどうか。

それでもいいという人もいるだろうけれど、憧れのゴールデン・エイジというのは、さまざまな文明の恩恵を享受できなかった時代なのだ。自動販売機でペットボトルの水を手軽に買うことはできないし、夜中にコンビニで弁当を手に入れることもできない。病気になれば、あっけなく死んでしまう。ケータイがないから待ち合わせは大変だ。パソコンに慣れたギルは、タイプライターで原稿が書けるのだろうか。

フィッツジェラルドやヘミングウェイと文学談義をするのはエキサイティングなことだ。でも、彼らの作品は今でも読むことができる。それは、時を超えた対話なのだ。クルマだって、ちょっと覚悟さえすれば昔のクルマに乗ってタイムスリップ気分を味わえる。ただし、さすがに戦前モデルはちょっと難物だ。プジョーなら、せめて「204」あたりからのモデルを選ぶことをオススメする。

(文=鈴木真人)


第28回:20年代へGO!! タイムマシンはプジョー式!? − 『ミッドナイト・イン・パリ』の画像 拡大

第28回:20年代へGO!! タイムマシンはプジョー式!? − 『ミッドナイト・イン・パリ』の画像 拡大
『ミッドナイト・イン・パリ』
5月26日(土)、新宿ピカデリー&丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!
配給:ロングライド
www.midnightinparis.jp
『ミッドナイト・イン・パリ』
5月26日(土)、新宿ピカデリー&丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!
配給:ロングライド
www.midnightinparis.jp 拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。