「Eクラス クーペ/カブリオレ」一部仕様を変更

2012.05.21 自動車ニュース

メルセデス、「Eクラス クーペ/カブリオレ」の一部仕様を変更

メルセデス・ベンツ日本は2012年5月21日、「Eクラス クーペ」「Eクラス カブリオレ」の一部仕様を変更し、発売した。

今回の仕様変更では、Eクラス クーペ/カブリオレに「AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、サイド&リアスカート)」などを標準装備、よりスポーティーな装いとした。

E250 BlueEFFICIENCYクーペは、AMGスタイリングパッケージ、18インチ5スポークアルミホイール、ダイナミックハンドリングパッケージ、パドルシフトを標準装備。インテリアにはダークアルミニウムインテリアトリムを採用している。
価格は669万円。

E350 BlueEFFICIENCYクーペ/カブリオレは、AMGスタイリングパッケージ、18インチAMG5ツインスポークアルミホイール、ダイナミックハンドリングパッケージ、パドルシフトが標準装備となった。価格はクーペが875万円、カブリオレは923万円。

E550 BlueEFFICIENCY クーペには、18インチAMG5ツインスポークアルミホイールが装着される。価格は1110万円。

また、レーダー波を用いて衝突の危険性を低減する予防安全システム「レーダーセーフティパッケージ」が、新規オプション(19万円)として追加設定された。

なお今回の「AMGスタイリングパッケージ」の標準装備に伴い、「AMGスポーツパッケージ」の内容が見直され、価格も変更された。(E250クーペ:20万円、E350クーペ/カブリオレ:30万円)

<AMGスポーツパッケージの内容>
・「Mercedes-Benz」ロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)
・ナッパレザーのAMGスポーツステアリング
・運転席/助手席マルチコントロールシートバック
・ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付き)
・AMGフロアマット
・18インチAMG6ツインスポークアルミホイール&ワイドタイヤ(E250クーペのみ)
・レザーARTICOシート(E250クーペのみ)
・運転席/助手席シートベンチレーター(E350クーペ/カブリオレのみ)

(webCG)

メルセデス・ベンツの「Eクラス クーペ」(写真右)と「Eクラス カブリオレ」。
メルセデス・ベンツの「Eクラス クーペ」(写真右)と「Eクラス カブリオレ」。 拡大

関連キーワード:
Eクラス クーペ, Eクラス カブリオレ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用 2020.7.17 自動車ニュース メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良。自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備したほか、グレードに応じて、パノラミックルーフやカーボンファイバールーフもオプション設定した。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 2020.8.6 試乗記 「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
ホームへ戻る