トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表

2012.05.08 自動車ニュース

トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表

トヨタ自動車の米国における販売会社である米国トヨタ自動車販売(TMS)は2012年5月8日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催中の第26回国際電気自動車シンポジウム(EVS 26)で、テスラモーターズ(テスラ)と共同開発した電気自動車「RAV4 EV」を発表した。

トヨタとテスラの提携発表から丸2年。ついに両社によるコラボレーション第1弾となる「RAV4 EV」が発表された。同モデルは、2010年11月にロサンゼルスショーで発表されたとおり、2012年中の市販化が予定されている。

「RAV4 EV」は、「RAV4」(北米仕様)に、テスラのEVシステムを組み合わせたSUVタイプの電気自動車。全長×全幅×全高=4575×1816×1684mm、車重1829kgのボディーを、最高出力115kW(156ps)のモーターで駆動する。0-60マイル(96km/h)加速は7.0秒だ。

容量41.8kWhのリチウムイオン電池を搭載し、実走行環境で約100マイル(約160km)の航続距離を達成しているという。充電にかかる時間は、米国の240ボルト/40アンペアの電源使用時で、約6時間となっている。

「RAV4 EV」は、2012年夏以降にカリフォルニア州で発売し、3年間で2600台程度を販売する計画。予価は4万9800ドル(約398万円)だ。

なお、トヨタはこのほか2012年中に日欧米で、「iQ」をベースとした電気自動車の発売を予定している。

(webCG 曽宮)

「トヨタRAV4 EV」
「トヨタRAV4 EV」 拡大
 
トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表の画像 拡大
 
トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表の画像 拡大
今回発表された「RAV4 EV」(北米向けモデル)は、FFの5人乗りモデル。カナダ・オンタリオ州ウッドストックのトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・カナダで生産される予定だ。
今回発表された「RAV4 EV」(北米向けモデル)は、FFの5人乗りモデル。カナダ・オンタリオ州ウッドストックのトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・カナダで生産される予定だ。 拡大

関連キーワード:
RAV4, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ RAV4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • トヨタが「RAV4」を一部改良 ディスプレイオーディオを全車に標準装備 2020.8.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年8月7日、SUV「RAV4」を一部改良し、発売した。今回の改良ではスマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオを全車に標準装備としたほか、予防安全装備の強化も図っている。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
ホームへ戻る