トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表

2012.05.08 自動車ニュース

トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表

トヨタ自動車の米国における販売会社である米国トヨタ自動車販売(TMS)は2012年5月8日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催中の第26回国際電気自動車シンポジウム(EVS 26)で、テスラモーターズ(テスラ)と共同開発した電気自動車「RAV4 EV」を発表した。

トヨタとテスラの提携発表から丸2年。ついに両社によるコラボレーション第1弾となる「RAV4 EV」が発表された。同モデルは、2010年11月にロサンゼルスショーで発表されたとおり、2012年中の市販化が予定されている。

「RAV4 EV」は、「RAV4」(北米仕様)に、テスラのEVシステムを組み合わせたSUVタイプの電気自動車。全長×全幅×全高=4575×1816×1684mm、車重1829kgのボディーを、最高出力115kW(156ps)のモーターで駆動する。0-60マイル(96km/h)加速は7.0秒だ。

容量41.8kWhのリチウムイオン電池を搭載し、実走行環境で約100マイル(約160km)の航続距離を達成しているという。充電にかかる時間は、米国の240ボルト/40アンペアの電源使用時で、約6時間となっている。

「RAV4 EV」は、2012年夏以降にカリフォルニア州で発売し、3年間で2600台程度を販売する計画。予価は4万9800ドル(約398万円)だ。

なお、トヨタはこのほか2012年中に日欧米で、「iQ」をベースとした電気自動車の発売を予定している。

(webCG 曽宮)

「トヨタRAV4 EV」
「トヨタRAV4 EV」 拡大
 
トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表の画像 拡大
 
トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表の画像 拡大
今回発表された「RAV4 EV」(北米向けモデル)は、FFの5人乗りモデル。カナダ・オンタリオ州ウッドストックのトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・カナダで生産される予定だ。
今回発表された「RAV4 EV」(北米向けモデル)は、FFの5人乗りモデル。カナダ・オンタリオ州ウッドストックのトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・カナダで生産される予定だ。 拡大

関連キーワード:
RAV4, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ RAV4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(前編)【試乗記】 2019.7.29 試乗記 同時代に日本で生まれて一時代を築き、徐々に軸足をアメリカに移したのちに日本からフェードアウト……。「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」のたどってきた道のりが見事に一致しているのは何かの偶然だろうか。そして昨今、これまた近いタイミングで国内市場に復活。2台を比較試乗した。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
ホームへ戻る