GMが新型「キャデラックCTS」を発表【ニューヨークショー2013】

2013.03.27 自動車ニュース

【ニューヨークショー2013】GMが新型「キャデラックCTS」を発表

米ゼネラルモーターズは2013年3月26日(現地時間)、ニューヨーク国際自動車ショー(会期:2013年3月27日〜4月7日)の前夜祭において、新型「キャデラックCTS」を発表した。

「CTS」はキャデラックがラインナップするミッドサイズのスポーツセダンである。今回の新型は、2002年に発表された初代から数えて3世代目にあたり、プラットフォームには「ATS」の後輪駆動用アーキテクチャーを採用。前後重量配分を理想とされる50:50に近づけているほか、キャデラック初のアルミ製ドア構造を採用するなど、車体の軽量化も図っている。

ボディーサイズは、従来モデルから全長を5インチ(127mm)、ホイールベースを1.2インチ(30.48mm)拡大。一方、ルーフラインとカウルは約1インチ(25.4mm)低くなっている。エッジを強調したプレスラインやタテ目のフロントランプ、リアランプなど、エクステリアデザインは他のキャデラック車に相通じるもので、同ブランドのデザインコンセプトである「アート&サイエンス」の特徴を踏襲している。

新型キャデラックCTSは日本市場への導入がすでに決定しているとのことで、導入時期や価格、スペックなどについては、後日あらためて発表される予定だ。

(webCG)

新型「キャデラックCTS」
新型「キャデラックCTS」 拡大

GMが新型「キャデラックCTS」を発表【ニューヨークショー2013】の画像 拡大

GMが新型「キャデラックCTS」を発表【ニューヨークショー2013】の画像 拡大

GMが新型「キャデラックCTS」を発表【ニューヨークショー2013】の画像 拡大

関連キーワード:
CTSセダン, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック CTSセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.13 試乗記 470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するコンパクトキャデラック、「ATS-V」に試乗。キャディとてSUVが人気のこの時代、ど真ん中のセダンで勝負するこのコンパクトモンスターは、とびきり男前な一台といえるかもしれない。
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る