「ボルボV40」の2014年モデルは自転車も検知

2013.06.10 自動車ニュース
「ボルボV40」
「ボルボV40」
    拡大

「ボルボV40」の2014年モデルは自転車も検知

ボルボ・カー・ジャパンは2013年6月7日、「V40」シリーズ2014年モデルの日本での販売を開始した。

2014年モデルのV40シリーズでは、新たな安全技術として「歩行者・サイクリスト検知機能付きオートブレーキ・システム」が採用された。
このシステムは、自動ブレーキシステムの「ヒューマン・セーフティ(歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)」に、サイクリストの検知機能を追加したものである。具体的には、車両前方に備えられた高解像度カメラとレーダーが、自車の進行方向を監視。同じ方向に向かって走る自転車が進路内に入り、衝突が避けられないと判断した場合、光と音によってドライバーに注意を促すとともに、自動でフルブレーキを作動させて追突を回避、もしくはその衝撃を軽減することができる。

このシステムは、車線逸脱防止装置や全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールなどとともに「セーフティ・パッケージ」に含まれ、全モデルに20万円でオプション設定される。

また、「ナビゲーション・パッケージ」と「レザー・パッケージ」の設定対象を拡大。ともにエントリーグレードの「V40 T4」でオプション装着が可能となったほか、「ナビゲーション・パッケージ」は「V40 T4 SE」に標準装備となった。

価格は、以下の通り。V40 T4 SEがナビの標準装備にともない値上げされたほかは、従来モデルから変更はない。

・V40 T4:269万円
・V40 T4 SE:329万円
・V40 T5 R-DESIGN:399万円
・V40クロスカントリー T5 AWD:359万円

(webCG)
 

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) 2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第4回:「V40」で伊勢・志摩を訪ねる 2014.9.18 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボのプレミアム・スポーツコンパクト「V40」で、1000km超のロングドライブへ。観光スポットとして名高い伊勢・志摩を巡る“こだわり旅”を紹介する。
ホームへ戻る