BMWのミドルサイズクーペが「4シリーズ」に改名

2013.06.17 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ クーペ」
「BMW 4シリーズ クーペ」 拡大

BMWのミドルサイズクーペが「4シリーズ」に改名

独BMWは2013年6月15日、新型ミドルサイズクーペ「BMW 4シリーズ」の概要を発表した。

4シリーズは、これまで「3シリーズクーペ」と名乗っていたモデルの後継車種にあたり、4シリーズと名を改めた新型でも、フロントマスクなどには現行型3シリーズに通じるデザインを採用している。またフロントフェンダー後方には、「3シリーズGT」にもみられる、空気抵抗を低減するダクト「エアブリーザー(Air Breathers)」が設けられている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4638×1825×1362 mm(4WD車は1377mm)、ホイールベースは2810mm。現行モデルの3シリーズクーペと比べ、全幅とホイールベースが大幅に拡大しており、よりクーペらしい低いシルエットを獲得している。
また、精巧なシャシー設計や、50:50の前後重量配分、空力性能や軽量化を考慮したボディー構造などにより、より正確で機敏なハンドリングを追及。重心高も地上から500mm以下と、最近のBMW車の中では最も低く抑えられている。

搭載されるエンジンは、最高出力306psを発生する「435i」の3リッター直6ターボのほか、「428i」の2リッター4気筒ターボ、「420d」の2リッター4気筒ディーゼルターボの3種類で、ガソリン車には4WD車の「xDrive」も設定。トランスミッションは6段MTが標準で、オプションで8段ATも選ぶことができる。
また、アイドリングストップ機構やブレーキエネルギー回生システムを採用するなど、燃費性能も重視。先述のエアブリーザーや「エアカーテン」など、空気抵抗を低減する工夫も取り入れられている。

グレード構成は、「435iクーペ」「435i xDriveクーペ」「428iクーペ」「428i xDriveクーペ」「420dクーペ」の5種類。内外装には、他のBMW車と同じく、標準仕様に加えて「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」「Mスポーツ」などのパッケージが用意されている。

※数値はいずれも欧州仕様

(webCG 堀田)

→「BMW 4シリーズ」のさらに詳細な写真はこちら
 

関連キーワード:
4シリーズ クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 4シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • マクラーレンが公道を走れるレーシングカー「620R」を日本初公開【オートモビル カウンシル2020】 2020.3.23 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブは2020年3月23日、千葉県の幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:4月3日~5日)において、「マクラーレン620R」を日本初公開すると発表した。
ホームへ戻る