ジャガーから往年をしのばせる単座レーサー

2013.07.10 自動車ニュース
「ジャガー・プロジェクト7」
「ジャガー・プロジェクト7」
    拡大

ジャガーから往年をしのばせる単座レーサー

英ジャガーは2013年7月10日、コンセプトカー「Project 7(プロジェクト7)」の概要を発表した。

同車は2013年7月11日~14日に開催されるヒルクライムイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、ジャガーが公開を予定しているワンオフのデザインスタディーモデルである。車名の「プロジェクト7」は、同社がルマン24時間耐久レースにおいて通算7度優勝していることにあやかったものだ。

ジャガー社内のデザインを同社デザインディレクターのイアン・カラムが実車に落とし込んだもので、2シーターオープンスポーツの「Fタイプ」をベースに車内をシングルシーター化。バケットシートを備えた運転席のとなりには、助手席ではなくヘルメットホルダーが設けられている。

外装にも大幅に手を加えており、運転席の後方には往年のレーシングカーを思わせるフェアリングを装備。フロントウィンドウも低く切りつめたものとなっている。またフロントバンパーのデザインもベース車から変更。往年のレーシングチーム「エキュリーエコス」の「ジャガーDタイプ」をほうふつさせるブルーのボディーには、カーボンファイバー製のフロントスポイラーやサイドスカート、リアディフューザーを装備している。

エンジンは「Fタイプ V8 S」のスーパーチャージャー付き5リッターV8 DOHCに専用のチューニングを施したもので、最高出力550ps/6500rpm、最大トルク69.4kgm/2500-5500rpmを発生。ベース車よりそれぞれ55ps、5.7kgmの向上を果たしている。またダンパーやスプリングもベース車から変更されており、最低地上高は10mm低くなっている。

これらの改良により、0-100km/h加速4.2秒、最高速度300km/hという動力性能を実現。グッドウッド・フェスティバルでは、ジャガーのチーフエンジニアであるマイク・クロスにより、走る姿が披露される予定だ。

(webCG)

→「ジャガー・プロジェクト7」のより詳細な写真はこちら

 

関連キーワード:
Fタイプ コンバーチブル, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fタイプ コンバーチブル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプRダイナミック コンバーチブルP300(FR/8AT)【試乗記】 2020.9.23 試乗記 「ジャガーFタイプ」のマイナーチェンジモデルに試乗。連れ出したのはオープントップモデル「コンバーチブル」の2リッターターボエンジン搭載車。実はこの比較的ライトなグレードこそが、ジャガーの導き出した令和の時代を走るスポーツカーの最適解だ。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【F-TYPE×九島辰也】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーのラインナップにおける唯一の2シータースポーツカー「F-TYPE」。モータージャーナリスト九島辰也は、その走りにこそ、この歴史あるブランドのすべてが凝縮されていると言う。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
ホームへ戻る