「Cクラスクーペ」新たな装備と価格で発売

2013.08.01 自動車ニュース

「Cクラスクーペ」新たな装備と価格で発売

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・ベンツCクラスクーペ」の仕様・装備を変更し、2013年8月1日に発売した。

 

今回、メルセデス・ベンツの2ドア4シータークーペ「Cクラスクーペ」に、2012年7月以来となる仕様・装備の見直しが実施されるとともに、新たな価格が設定された。
各モデルの主な変更点と価格は、以下の通り。

■C180 クーペ

スポーティーなエアロパーツからなるAMGスタイリングパッケージや18インチAMG7スポークアルミホイール、シフトパドル付きのAMGスポーツステアリング、ステンレス製のペダルなどを標準装備。
速度に応じてアシスト量を変化させるパラメーターステアリング、スポーツサスペンション、さらに、インテリジェントライトシステムやアダプティブハイビームアシストなどがセットになったアドバンストライトパッケージも与えられる。

価格は、これまでより15万円高の450万円。

また、メモリー付きパワーシートや電動ランバーサポート(いずれも前席)、電動チルト&テレスコピックステアリング、イージーエントリー、さらに駐車をサポートするパークトロニックなどがセットになった「ユーティリティパッケージ」が、27万円で設定された。

■C250 クーペ SPORT

「C250 クーペ SPORT(シュポルト)」は、従来の「C250 クーペ」に代わって新たにラインナップされる。
エクステリアは、バイカラーの18インチAMG7ツインスポークアルミホイール、AMGトランクリッドスポイラーリップ、ブラックドアミラーなどでドレスアップされ、インテリアについても、AMGスポーツシートやレッドカラーのシートベルトが与えられる。
メルセデスAMG社が専用チューニングを施したスポーツサスペンションや、専用の強化ブレーキシステムも装備。走行性能が高められている。

価格は「C250 クーペ」から据え置きの598万円。

これにあわせて、オプションの前席シートヒーター付き本革シートの価格は、25万円から15万円に変更された。

■C63 AMGクーペ

5つのミリ波レーダーセンサーと1つのカメラを使って、周りの車両など障害物への衝突の危険性を低減する、レーダーセーフティパッケージが標準装備となった。価格は1095万円(受注生産)。

また、専用チューンのエンジン(507ps、62.2kgm)を搭載するハイパフォーマンスバージョン「C63 AMG クーペ エディション507」(1220万円)もラインナップに加えられた。

(webCG)

関連キーワード:
Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • メルセデスAMG C63 S(FR/9AT)/AMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.17 試乗記 急速にラインナップを充実させつつある、メルセデスのハイパフォーマンスブランドAMG。その中核を占める2台のスーパーセダン「C63 S」「E63 S 4MATIC+」にサーキットでむちをあて、日常走行ではわからない実力に触れた。
  • メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.9.24 試乗記 内外装ともエレガントで華やかに生まれ変わった「メルセデス・ベンツCクラス」。新型もこれまでどおりドイツ車の、いや世界のコンパクトクラスの模範たりえるか。シリーズの中核的存在「C180アバンギャルド」に乗って考えた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
ホームへ戻る