第18回「ホンダ・フィット13G・Lパッケージ」

2013.10.04 水野和敏的視点

これは欲しい!

今回取り上げるクルマは、「ホンダ・フィット」です。2013年9月6日に新型が発表された3代目。36.4km/リッターのカタログ燃費をうたう「フィットハイブリッド」が大きな注目を集めましたが、できるだけ“素”の実力を知りたいこともあり、試乗車には、1.3リッターモデルを選びました。具体的には、車両本体価格146万1000円の「13G・Lパッケージ」です。

結論から言いますと、フィットの開発陣は基本に忠実で、素晴らしい仕事をしました。新型フィットは、きちんと正常に2ランク以上進化した、いいクルマです。ボディーのつくり、スタイリング、シート、足まわり、ハンドリング……。試乗しながら、何度も「これはイイ!」という言葉が自然に口からこぼれました。マジメにつくられたクルマです。個人的にも、普段のアシとして買ってみたいと思っています。例えばドイツに持ち込んで、日常生活の中で使ってみたい。そんなことも考えました。

それでは、具体的に見ていきましょう。

まずスタイリング。注目すべきは、車体の下半身と上半身で、まったく違う仕事をしているということです。上半身は、2代目(現行型)から3代目へのモデルチェンジとして、正常進化しています。それに対して下半身は、上半身とはまったく違うアプローチを採っており、新型フィットの空力進化のために必要なことをすべて取り入れてきました。

例えば、バンパーの四隅は、空気が剥離(はくり)しない角張らせた形状としています。そして、タイヤハウス内への空気の巻き込みを防止する平面部分を設けて、フェンダーとタイヤがきれいに同一面となるように設計されています。タイヤハウス内に空気がたまるのを防止して、空気抵抗やリフトの低減を図っているのです。サイドミラーの段付きも空力を意識したものでしょう。これにより空気抵抗が低減し、また風切り音の低減にも役立っています。

ボンネットの深めのラインも効果的です。クルマ全体で、上を流れる風、横を行く風をキレイに分離させ、空気の流れが互いに干渉して渦ができるのを防止しています。リアの造形もすごい。平面的なリアフェンダーはじめ、空力的なエッセンスが盛り込まれている。フィットのオシリの下半分だけ見ていると、まるでGTレーシングカーのようです。


第18回「ホンダ・フィット13G・Lパッケージ」の画像 拡大

第18回「ホンダ・フィット13G・Lパッケージ」の画像 拡大

第18回「ホンダ・フィット13G・Lパッケージ」の画像 拡大

第18回「ホンダ・フィット13G・Lパッケージ」の画像 拡大
ホンダ・フィット13G・Lパッケージ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3955×1695×1525mm/ホイールベース:2530mm/車重:1020kg/駆動方式:FF/エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:CVT/最高出力:100ps/6000rpm/最大トルク:12.1kgm/5000rpm/タイヤ:(前)185/60R15 (後)185/60R15/価格:146万1000円
ホンダ・フィット13G・Lパッケージ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3955×1695×1525mm/ホイールベース:2530mm/車重:1020kg/駆動方式:FF/エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:CVT/最高出力:100ps/6000rpm/最大トルク:12.1kgm/5000rpm/タイヤ:(前)185/60R15 (後)185/60R15/価格:146万1000円
    拡大

関連キーワード:
フィット, ホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
  • ホンダ・フィットe:HEVベーシック(FF)【試乗記】 2020.4.9 試乗記 いよいよデビューした新型「ホンダ・フィット」。従来のホンダ車とはひと味違う価値観のもとに開発されたという4代目は、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。ハイブリッドの最廉価グレードを連れ出して確かめた。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
ホームへ戻る