クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治
『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』

2013.10.12 読んでますカー、観てますカー

ベーコンはやっぱり悪役だった

試写を見る前に資料を見ていなかったので、不意にケヴィン・ベーコンが出てきて驚いた。予告編にも彼はまったく顔を出していないのである。ベーコンの演じるボビーは、主人公の警官ニック(ライアン・レイノルズ)の同僚だ。以前ふたりで違法薬物の捜査をした際に現場で発見した金塊をネコババしていたのだが、良心がとがめたニックはやはり正直に届け出るべきだと話す。これはやばい展開になってきたぞ……。

もう、先の展開は読める。相手はベーコンなのだ。この男がニヤつきながら登場したら、悪いヤツに決まっている。ベーコン映画を何本も見てきた経験からすれば、彼が親切に振る舞ってもそれは見せかけだけだ。案の定、薬物捜査の任務を遂行中に、銃撃戦に隠れてニックを撃ち殺してしまった。ネタバレなんて言わないでほしい。これはベーコン映画の常識なのだ。

死んだニックの魂は、ゆっくりと天に召されていく。しかし、たどり着いた場所は、どうやら警察みたいだ。ニックの前に現れた監督官(メアリー=ルイズ・パーカー)は、そこが「R.I.P.D.」のオフィスだと告げる。ニューヨーク市警察の「NYPD」やロサンゼルス市警察の「LAPD」ならばわかるが、聞きなれない名だ。これは、Rest in Peace Police Departmentの略称で、成仏できない悪霊を取り締まっているのだという。ニックは警察官としての能力を買われ、エージェントにスカウトされたのだ。

(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
    拡大

第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像 拡大

第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像 拡大

第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像 拡大

『トゥルー・グリット』の保安官?

オフィスの備品は古臭く、スチールのデスクの上には書類が散らばり、黒電話が置かれている。最新の設備にはなっていないようで、エージェントたちの服装もさまざまだ。死んでからも、やはり自分が生きていた時に着ていたものが、しっくりくるのだろう。警官の制服も、禁酒法時代のものから現在のものまでそれぞれが気に入ったものを着ているようだ。

相棒として紹介されたのは、カウボーイハットをかぶった傍若無人なベテランエージェントだった。その男ロイは、200年もの間R.I.P.D.で悪霊と戦っている。粗野な態度でやたらに声がでかい。どこかで見たことがあると思ったら、『トゥルー・グリット』で少女のあだ討ちを助けて戦ったコグバーンではないか。コーエン兄弟の監督した傑作西部劇で、ジェフ・ブリッジスが酔っぱらいの保安官を演じていた。しゃべり方も振る舞いも、ほとんど同じである。死んだ後、こんなところで悪霊退治をしていたとは。

ニックはコグバーンに連れられて、さっそく街のパトロールに行く。ビデオ屋のトイレが地上と魔界を結ぶ通路となっている。現代のボストンだから、開拓時代のカウボーイのいでたちそのままというわけにはいかない。ダブルのベストにダスターコートというスタイルだ。

もちろん移動手段は馬ではなく、派手なイエローゴールドに塗られた「シボレー・カプリス」に乗っていく。ピカピカの新車より、ちょっと古めのなんてことないセダンのほうがカウボーイの好みに合うのだろうか。それでも、セレクターのヘッドがスカルデザインのものに換えるなど、ちょっとしたカスタマイズが施してある。


第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像 拡大

第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像 拡大

第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像 拡大
「シボレー・カプリス」
1965年にデビューしたフルサイズセダン。もともとはインパラの豪華版という位置づけだった。映画で使われたのは3代目モデル。
「シボレー・カプリス」
    1965年にデビューしたフルサイズセダン。もともとはインパラの豪華版という位置づけだった。映画で使われたのは3代目モデル。 拡大

ブロンド美女と中国のジイさん

老カウボーイとイケメン警官のコンビだが、地上で暮らしている人間からは別の姿に見える。死んだ人がそのままの姿形で歩いていたのでは、家族や友人が混乱してしまうからだ。ロイはブロンド美女のアバターを手に入れているが、ニックに与えられたのは中国人のジイさんだ。死んでから間もないニックは勝手がわかっていないので、自分の葬儀に出席していた妻に話しかける。でも、彼女にすれば知らない中国人に声をかけられているだけなのだ。

人間に化けている悪霊を見つけるための道具は、インド料理である。彼らはなぜかカレーが苦手なようで、インド料理店からテイクアウトしたスパイシーなチキンティッカを目の前にするとモンスターの姿に戻ってしまうのだ。
この映画も、さり気なく中国とインドの要素を盛り込んでいる。ハリウッドは資金面と観客動員の面の両方で2つの大国をアテにしなければ立ち行かなくなっていると言われるが、そういった事情なのだろうか。

モンスターを追いかけていくと、ボビーに行き着いた。彼は、世界を破滅させるような計画を進めているらしい。ベーコンはいつもならチンケな小悪党だが、今回は本格的なワルモノだ。それでも、最後まですがすがしいほど卑劣で汚い男である。無条件に悪いやつが敵だと、見た後に一切わだかまりが残らないのだ。だから、ベーコン映画にはハズレがない。

(文=鈴木真人)


第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像 拡大

第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像 拡大
『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』 10月18日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』 10月18日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー     拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。