クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第209回:「頂点」の名を持つタイヤ ブリヂストンの新スタッドレス「ブリザックVRX」を試す

2013.10.25 エディターから一言

ブリヂストンの新スタッドレスタイヤ「ブリザックVRX」がデビュー。ブリザックブランドの誕生から25年、同社が「ブリザック史上最高性能を実現した」とうたう新商品の出来栄えを、北海道・士別での試乗会で確かめた。

北国で4割を超える装着率

スタッドレスタイヤの試乗会は数々あれど、そのなかで序列のようなものが自然と決まってしまう傾向は否めない。この序列において何が大切かといえば、まずは新製品であることだ。

スタッドレスタイヤは3~5年に1度くらいの割合でモデルチェンジするのが一般的で、新製品が毎年投入されるとは限らない。というわけで、タイヤメーカーのなかには昨年デビューした製品や一昨年に登場した製品で試乗会を開くケースもある。もっとも、こういった試乗会では製品に用いられた技術をより深く掘り下げたり、いつもとは違った角度から紹介したりするので製品知識は深まるけれど、毎年のように新技術が登場するタイヤ業界において、最新モデルでないという引け目は依然として残る。したがって、序列としてはどうしても下位に置かれてしまう。

同じ新製品同士で比べれば、やはり定評ある大メーカーの試乗会のほうが上位にくる。彼らは、豊富な開発リソースと潤沢な資金を背景として、中小メーカーにはなかなか手が出せない大胆な新技術を投入することが多いからだ。
また、一般的にいって大メーカーの製品は市場でのシェアが高いので、より多くのユーザーが購入することになる。したがって、こうしたメーカーが主催する試乗会により多くの注目が集まるのも、やむを得ないことといえるだろう。

こう考えていくと、北海道・北東北の主要5都市で44.3%という高い装着率を誇るというブリヂストンの「BLIZZAK(ブリザック)」は、スタッドレスタイヤ試乗会の序列のなかでも一、二を争うほど重要なものといえる。
実際、今回は腕利きで知られる“あのジャーナリスト”や、理論派で知られる“そのジャーナリスト”たちが多数出席。試乗会場は一種ものものしい雰囲気に包まれていたのである。

25年間の技術の集大成

ブリヂストンが2013年7月18日に発表した新しいスタッドレスタイヤは「ブリザックVRX」と名付けられた。VRXとは英語で「頂点」を意味するVERTEXの略で、ブリザックの誕生からこれまでの25年間で積み重ねた同社の技術の集大成にあたるスタッドレスタイヤだという。こんなところからも、ブリヂストンがこの製品にかける意気込みが伝わってくる。

新採用された技術としては、氷上での滑りの原因となる路面上の水膜を取り除く既存の「発泡ゴム」をさらに進化させ、ゴム内の水を吸い上げる水路の表面に親水性素材をコーティングして水を吸い上げる性能を改善した「アクティブ発泡ゴム」のほか、ブロックを小型化して凹凸のある路面での密着性を向上させた「新トレッドパターン」やサイプの切れ込み断面に3次元のジグザグを入れ込んでブロックの倒れ込みを防いだ「3Dホールドスクラムサイプ」などを盛り込んだ「新非対称パターン」などが挙げられる。
この「新非対称パターン」では、サイプの切れ込みによって路面をひっかくとともにブロックの倒れ込み抑制にも役立つ「V字ブロック」をトレッドのイン側に取り入れたほか、アウト側ではトレッドの溝内に取り込んだ雪をより強く押し固める「マルチグルーブ」が採用された。
また、タイヤのコンストラクション(構造)面では、夏タイヤの代表モデルである「ECOPIA(エコピア)PZ」シリーズで開発された技術と、従来型スタッドレスタイヤである「ブリザックREVO GZ」で用いられた技術を融合させた「新非対称サイド形状」を採用。凹凸ある凍結路面や不均一に積もった雪道から受けるタイヤとクルマのふらつきを防止するという。

こうしたさまざまな新技術を採用することにより、「ブリザックVRX」は従来品の「ブリザック REVO GZ」と比較して、氷上ブレーキ性能とウエットブレーキ性能を10%向上したうえ、転がり抵抗を10%低減してクルマの省燃費化にも貢献する新製品に仕上がったとブリヂストンは主張する。

従来モデル「ブリザックREVO GZ」から4年ぶりに投入された新スタッドレスタイヤ「ブリザックVRX」。サイズは135/80R12から245/40R20まで、全108サイズが用意される。


    従来モデル「ブリザックREVO GZ」から4年ぶりに投入された新スタッドレスタイヤ「ブリザックVRX」。サイズは135/80R12から245/40R20まで、全108サイズが用意される。
    拡大

「ブリザックVRX」には、「アクティブ発泡ゴム」「新非対称パターン」「新非対称サイド形状」といった新技術が採用された。


    「ブリザックVRX」には、「アクティブ発泡ゴム」「新非対称パターン」「新非対称サイド形状」といった新技術が採用された。
「ブリザックVRX」のトレッドパターン。氷路面の小さな凹凸にブロックがしっかり接地するよう工夫された「新非対称パターン」を採用する。写真右がアウト側。
「ブリザックVRX」のトレッドパターン。氷路面の小さな凹凸にブロックがしっかり接地するよう工夫された「新非対称パターン」を採用する。写真右がアウト側。 拡大

従来品を確実に上回る性能

では、試乗しての印象はどうだったのか? 今回はブリヂストンの自信作とあって、従来型「ブリザック REVO GZ」とさまざまなシチュエーションで性能を直接比較する機会が設けられていた。例えば、屋外のアイス旋回路を「トヨタ・プリウス」で乗り比べたところ、「ブリザック REVO GZ」ではアンダーステアが強くコントロールが難しかったものが、同じ速度でも「ブリザックVRX」では舵角(だかく)が小さくなり、ステアリングから伝わる“しっかり感”もより向上していることが体感できた。

続いて屋内に設けられたアイス路面では「ホンダ・オデッセイ」を用いて発進/スラローム/ブレーキングの各項目を比較したが、その結果、発進では「ブリザック REVO GZ」が16km/hほどでスリップし始めるのに対し、「ブリザックVRX」では20km/hくらいまで安定したグリップ感が得られたほか、スラロームで滑り始める車速は「ブリザック REVO GZ」の20km/hに対して「ブリザックVRX」は23km/hと3km/hほど高かった。
さらに、初速25km/hと30km/hの2パターンで試したブレーキングでは、「ブリザックVRX」のほうが「ブリザック REVO GZ」より2~3mほど制動距離が短い傾向を示した。

その後は一般路を用いての総合テストを行ったが、「ブリザックVRX」は全般的なグリップ力が高く、ステアリングからは常にしっかりした接地感がつたわってくるのが印象に残った。

今回は気温がマイナス10度をやや上回るほど気温が“高く”、一部で雪や氷が溶けだすスタッドレスタイヤにとって最悪に近いコンディションだったが、それでも「ブリザックVRX」は、定量的な差は小さいながらも、従来品の「ブリザック REVO GZ」をさまざまな状況で確実に上回ってみせた。その意味では、大メーカー“ブリヂストン”の底力をあらためて思い知らされた試乗会だったといえるだろう。

(文=大谷達也<Little Wing>/写真=ブリヂストン)

「プリウス」で、新旧モデルの氷上旋回性能を比較テスト。「ブリザックVRX」のコントロール性のよさが印象的だった。
「プリウス」で、新旧モデルの氷上旋回性能を比較テスト。「ブリザックVRX」のコントロール性のよさが印象的だった。
    拡大

第209回:「頂点」の名を持つタイヤ ブリヂストンの新スタッドレス「ブリザックVRX」を試すの画像 拡大
屋内のアイス路面でのテストの様子。発進/スラローム/ブレーキングの各項目で、旧モデルからの性能向上が体感できた。
屋内のアイス路面でのテストの様子。発進/スラローム/ブレーキングの各項目で、旧モデルからの性能向上が体感できた。
    拡大

第209回:「頂点」の名を持つタイヤ ブリヂストンの新スタッドレス「ブリザックVRX」を試すの画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。