スバルが「フォレスター」を一部改良

2013.10.29 自動車ニュース
「スバル・フォレスター2.0i-L EyeSight」
「スバル・フォレスター2.0i-L EyeSight」
    拡大

スバルが「フォレスター」を一部改良

富士重工業は2013年10月29日、SUV「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

今回の改良では、電動テールゲートやSRSカーテン&サイドエアバッグの設定対象グレードを大幅に拡大。また、これまでターボ車のみに設定していたスポーツタイプメーター、アルミパッド付きスポーツペダルなどを、自然吸気エンジン搭載車の「2.0i-S EyeSight」にも採用した。

このほかにも、「2.0i-L」「2.0i-L EyeSight」に切削光沢仕上げの17インチアルミホイールを採用。ボディーカラーには新たに「ジャスミングリーン・メタリック」を設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・2.0i:208万9500円
・2.0i-L:240万4500円
・2.0i-L EyeSight:250万9500円
・2.0i-S EyeSight:274万500円
・2.0XT:283万1850円
・2.0XT EyeSight:293万6850円

(webCG)
 

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
ホームへ戻る