レガシィ アウトバックにSUV色強めた特別車

2013.10.29 自動車ニュース
「スバル・レガシィ アウトバック2.5i EyeSight EX Edition II」
「スバル・レガシィ アウトバック2.5i EyeSight EX Edition II」 拡大

「スバル・レガシィ アウトバック」にSUV色を強めた特別仕様車

富士重工業は2013年10月29日、「レガシィ アウトバック」に特別仕様車「2.5i EyeSight EX Edition II」を設定し、同年12月26日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、2013年5月に登場した「2.5i EyeSight EX Edition」の後継モデルにあたり、内外装をSUVらしさを強調する専用のパーツでコーディネートするとともに、装備を強化したものである。

具体的な特別装備は以下の通り。
・専用大型ルーフレール(クロスバービルトインタイプ)
・専用フロントグリル
・専用サイドシルクラッディング
・マルチパーパスサブトランク&デュラブルフロア
・つや消しダーク木目調加飾パネル
・USB電源(フロント×2、リア×2)

ボディーカラーは「サテンホワイト・パール」「アイスシルバー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」「ディープチェリー・パール」の4色。価格は294万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィアウトバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.25 試乗記 フルモデルチェンジから3年を経て、再びの改良を受けた「スバルXV」。国内外の有力モデルがひしめくコンパクトSUV市場において、XVだけが持つライバルにはない魅力とは? わが道を行くスバル製クロスオーバーの、唯一無二の個性に触れた。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • スペック的にはお買い得なのに? 「日産リーフ」が苦境を迎えている理由 2021.2.24 デイリーコラム 日本を代表する電気自動車である「日産リーフ」の販売台数がここにきて急落している。航続可能距離322kmで332万円からというスペックは、最新のライバル車と比較しても決してヒケをとらないのだが……。苦戦の理由を清水草一が考えた。
ホームへ戻る