ジャガーFタイプ クーペ:本気で欲しい!

2013.11.23 コレはゼッタイ!
ジャガーFタイプ クーペ
ジャガーFタイプ クーペ 拡大

ジャガーFタイプ クーペ:本気で欲しい!

今年の東京モーターショーは結構面白いクルマがあった気がします。特に日本車、結構頑張ったんじゃないかな? 一方の輸入車も、想像以上の数のワールドプレミアがあって安堵(あんど)しました。

■待ちに待ったクーペボディー

そんな中から1台だけに絞れだなんて、あまりに酷な話。でも、それならいっそ自分の本当に欲しい一台にしようと、選んだのが「ジャガーFタイプ クーペ」です。

そもそもFタイプを暗示するコンセプトカーとして最初に発表された「C-X16」はクーペでした。ワタクシそれにほれ込み、いつか絶対手に入れるんだ! と誓ったわけですが、実際のFタイプはまずはロードスターからの登場となり、以来ずっとヤキモキしてきたのです。

待望のクーペのスタイリングは、あのC-X16とほぼ一緒。理屈不要のカッコ良さですよね。しかもクーペは荷室が広い! 発表されている容量は407リッター。ロードスターの荷室ではワタクシの使い方には全然足りなかったのですが、コレなら余裕でしょう。大事なことですよね、きっと多くの皆さんにとっても。

グレードは、550psの「R」にも引かれるけれど、380psの「S」なら思い切り踏めそうな気も。ああ、一体いくらになるんだろう?

(文=島下泰久/写真=峰 昌弘)

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, ジャガー, 東京モーターショー2013

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • “E”から“F”へ 受け継がれるスポーツカーの美学 2021.3.10 F-TYPEに宿るジャガーのフィロソフィー<AD> ジャガーの名声を確立した世界的名車「E-TYPE」と、今日のブランドイメージをけん引するピュアスポーツカー「F-TYPE」。2台のスポーツカーの間で、半世紀以上の時を越えて受け継がれる美点とは何か。ジャガーが掲げ続けるスポーツカーのフィロソフィーを探った。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.12 試乗記 最高出力450PSの2.9リッターV6ターボエンジンと、伝統のフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディRS 4アバント」。ハイテクで身を固めたアウディ自慢の高性能スポーツワゴンは、いかなる走りを見せるのか? 改良を受けたポイントとともに紹介する。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
  • シトロエンの新たなフラッグシップモデル「C5 X」がデビュー 2021.4.12 自動車ニュース ステランティスは2021年4月12日(現地時間)、シトロエンブランドの新たなフラッグシップモデル「C5 X」を世界初公開した。サルーンとステーションワゴンを組み合わせた独創的なファストバックボディーを採用している。
ホームへ戻る