「BMW 5シリーズ」全車に最新の安全装備

2013.11.29 自動車ニュース

「BMW 5シリーズ」全車に最新の安全装備を搭載

BMWジャパンは、「BMW 5シリーズ」の全モデル(ハイパフォーマンスモデル「M5」を除く)に、運転支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備し、2013年11月29日に発売した。

 

「ドライビング・アシスト・プラス」は、カメラとミリ波レーダーセンサーを併用する運転支援システムで、「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や「アクティブ・クルーズ・コントロール」などを含む以下の機能が含まれる。

・前車接近警告機能衝突の危険性が高まった際、ドライバーに警告する。
・衝突回避・被害軽減ブレーキ:上記の警告を行ったうえで追突が不可避と判断した場合、自動的にブレーキをかけ、衝突を回避または被害の軽減を図る。歩行者検知機能も有しており、歩行者に接近した際もドライバーへの警告やブレーキングを実施する。
・アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き):前方の車両との車間距離を維持しながら、車速を自動的に制御する。
・レーン・ディパーチャー・ウォーニング:カメラを使い、車線の逸脱をセンシング。意図しない車線逸脱と判断された場合には、ドライバーに対して警告を行う。

これまでは「535i」(xDriveツーリング含む)「550i」「アクティブハイブリッド5」に限り装備されていたが、今回、「523i」「523d」「528i」にも搭載された。

また、「5シリーズ」のモデルラインナップも見直された。従来のデザインライン「モダン」「ラグジュアリー」と「Mスポーツ」に加え、スタンダードなグレードも、各モデルに対して追加された。

価格は、5シリーズセダンが、523iの615万円から550i M Sportの1118万円まで。5シリーズツーリングが523i ツーリングの648万円から550i ツーリング M Sportの1151万円まで。5シリーズグランツーリスモが、528i グランツーリスモの731万円から550i グランツーリスモ M Sportの1196万円まで。

(webCG)

関連キーワード:
5シリーズ セダン, 5シリーズ ツーリング, 5シリーズ グランツーリスモ, BMW, 自動車ニュース

BMW 5シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.28 試乗記 フルモデルチェンジ並みの改良が施された「メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ」に試乗。最新デジタル技術によって進化したインフォテインメントや日本初となるARカーナビの実用性に加え、48Vマイルドハイブリッドの走りをチェックした。
  • BMW M550i xDrive/523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+【試乗記】 2020.11.30 試乗記 「BMW 5シリーズ」のマイナーチェンジモデルが日本に上陸。4.4リッターV8ツインターボの「セダン」と2リッター直4ディーゼルターボの「ツーリング」をワインディングロードに連れ出し、走行性能と最新のデジタル装備の仕上がりを試した。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る