新型「シボレー・コルベット」が日本に上陸

2013.12.04 自動車ニュース
新型「シボレー・コルベット」と、ゼネラルモーターズ・ジャパン代表取締役社長の石井澄人氏(左)、同社セールスマーケティングディレクターのグレッグ・セデウィッツ氏(右)。
新型「シボレー・コルベット」と、ゼネラルモーターズ・ジャパン代表取締役社長の石井澄人氏(左)、同社セールスマーケティングディレクターのグレッグ・セデウィッツ氏(右)。 拡大

GMジャパン、7代目となる新型「シボレー・コルベット」を発表

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年12月4日、フルモデルチェンジを受けた新型「シボレー・コルベット」を発表した。

シボレー・コルベットは、初代が1953年に誕生した、GMを代表するスポーツモデルである。新型は7代目のモデルに当たり、2013年のデトロイトショーで世界初公開され、今回、日本への導入が発表された。

■伝統のV8 OHVエンジンを継承

新型コルベットは、フレーム構造やシャシー、パワートレイン、内外装デザインなど、すべてが従来モデルから一新されている。

エンジンは直接燃料噴射システムや無段階可変バルブタイミング機構などを備えた新開発の「LT1」型6.2リッターV8 OHVで、「ベースグレード」では460ps、63.6kgm、高性能モデルの「Z51」では466ps、64.2kgmというアウトプットを発生。Z51は0-60mph(0-96km/h)加速が3.8秒という動力性能を発揮する。また環境性能にも配慮しており、クルージング走行時など、エンジン負荷の小さいシーンでは4気筒を休止するアクティブフューエルマネジメントシステムを採用。450psクラスの高性能スポーツモデルの中では、トップクラスの低燃費を実現しているという。

これに組み合わされるトランスミッションは、新開発の7段MTと、6段ATの2種類。前者にはダウンシフト時に自動でエンジン回転数を合わせるアクティブ・レブマッチング機能を採用している。

走りに関する装備も充実しており、「ウェザー」「エコ」「ツアー」「スポーツ」「トラック」の5つの走行モードを備えた「ドライバーモード・セレクター」や、タイヤの温度に応じてABSなどの利きを制御する「タイヤ温度検知システム」などを採用している。

■軽量化のためにフレームをアルミ化

車体についても従来モデルから大幅に変更しており、フレームの素材には新たに押し出しアルミ材を採用することで、スチール製だった従来モデルより約45kgの軽量化と57%の剛性向上を果たしている。さらに、ボンネットや脱着式のルーフパネルにカーボンファイバーを用いることで約7kg、フェンダーやドア、リアクオーターパネルに低密度コンポジットパネルを用いることで約5kg、カーボン・ナノコンポジット製アンダーボディーパネルの採用により約4kgの軽量化を実現。車両重量の軽減とともに、FR車としては理想的とされる50:50の前後重量配分を実現している。

サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン式で、ベースグレードには35mmピストンの、Z51には45mmピストンのビルシュタイン製ダンパーを装備。磁性流体ダンパーの「マグネティック・ライドコントロール(磁性流体減衰力制御システム)」や電子制御LSDなどを装備したZ51では、コーナリング時の最大横Gは1Gを超えるという。

ブレーキは全車ブレンボ製で、前後とも固定式の4ピストンキャリパーを装備。ベースグレードには、フロントに320mm径、リアに338mm径のローターを採用しており、制動距離を従来モデルから9%短縮しているという。一方、Z51にはフロントに345mm径のスリット付きローターを採用。先代の高性能モデル「グランスポーツ」より制動距離を5%縮めている。

■エアロダイナミクスを徹底追及

エクステリアは、ロングノーズに天地の低いグリーンハウスというコルベット伝統のスタイリングを継承しながら、各所に従来モデルよりシャープなデザインを採用。ヘッドランプはHID式、テールランプはLEDの光をリフレクターに当てることで均一な明るさを生み出す間接LED式で、ウインカーやバックアップランプもLEDとなっている。

また、フロントのリフトを抑えるために新形状のグリルとラジエーター、エンジンフードベントを採用するなど、エアロダイナミクス性能を追求。フロントフェンダーにはエンジンルーム内の空気を排出するサイドアウトレットが備えられている。リアまわりでは、リアサイドウィンドウの左側にトランスミッションクーラー用の、右側に電子制御LSD(Z51のみ)冷却用のインテークを装備。ここから取り入れられた空気は、テールランプのベントとリアフェイシア下部のアウトレットから排出される。このほかにも、Z51にはブレーキ冷却用ダクトや専用のリアスポイラーとディフレクターも採用している。

一方、アルミやカーボンファイバー素材を各所に取り入れたインテリアには、ジェット戦闘機に着想を得たという「ラップラウンド・コクピット」を採用。また、ダイレクトな操作感を得るために、360mmの小径ステアリングホイールを装備している。

シートは、快適性も重視したオールラウンドタイプの「GTシート」とサイドサポートを高めた「コンペティション・スポーツシート」の2種類を用意。いずれもフレームにはマグネシウム材を採用している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・シボレー・コルベット クーペ(7MT):918万2000円
・シボレー・コルベット クーペZ51(7MT):1088万2000円
・シボレー・コルベット クーペ(6AT):929万円
・シボレー・コルベット クーペZ51(6AT):1099万円
・シボレー・コルベット コンバーチブル(6AT):989万円
・シボレー・コルベット コンバーチブルZ51(6AT):1159万円
※8%消費税込み価格。

発売はクーペが2014年4月12日、コンバーチブルは2014年5月24日を予定。

(webCG)
 

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020(ゼネラルモーターズ) 2020.1.10 画像・写真 8代目となる新型「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本初公開! 東京オートサロン2020のゼネラルモーターズのブースより、新しくなったアメリカンスーパースポーツの詳細な姿を、弟分「カマロ」の改良モデルともども写真で紹介する。
  • 8代目「シボレー・コルベット」が登場 ミドシップの駆動レイアウトを初採用 2019.7.19 自動車ニュース GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット」を発表。コルベット史上初となるMRの駆動レイアウトが用いられており、495hpを発生するエンジンと軽量ボディーの組み合わせにより、0-60mph(96km/h)加速3秒以下という動力性能を実現している。
  • 「CHEVROLET FAN EVENT 2018」の会場から 2018.5.28 画像・写真 GMがファンイベント「CHEVROLET FAN EVENT 2018」を富士スピードウェイで開催! 全国から122台ものシボレー&キャデラックが集合したほか、販売台数わずか5台の貴重な「シボレー・コルベット」もお披露目された。イベントの様子を写真でリポートする。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.12.4 試乗記 激戦のコンパクトSUV市場にあって、圧倒的な売れ行きを見せている「トヨタ・ヤリス クロス」。ライバルに対する、この新型車のアドバンテージとは何か? 装備充実のハイブリッドモデルに試乗して選ばれる理由を探った。
ホームへ戻る