EV版「トミーカイラZZ」を都内初公開

2014.01.28 自動車ニュース
新色パールホワイトをまとったEV版「トミーカイラZZ」。
新色パールホワイトをまとったEV版「トミーカイラZZ」。 拡大

EV版「トミーカイラZZ」を都内初公開

電気自動車(EV)の開発・販売を行うグリーンロードモータース(GLM、本社:京都市左京区)は2014年1月28日、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」を東京都内で公開した。

GLMの小間裕康社長と「トミーカイラZZ」。実車は2月1日から、東京・六本木にあるカーグッズのセレクトショップ、Le Garage(ル・ガラージュ)で展示される。
GLMの小間裕康社長と「トミーカイラZZ」。実車は2月1日から、東京・六本木にあるカーグッズのセレクトショップ、Le Garage(ル・ガラージュ)で展示される。 拡大

■2月に2回目の受注を開始

EV版トミーカイラZZの東京エリアでの公開は今回が初めて。新色のパールホワイトに塗られた市販仕様が報道関係者に披露された。
発表会では、GLMの小間裕康社長が、「京都の職人が作り上げたトミーカイラZZを、東京の皆さまにお見せできることを心からうれしく思います」とあいさつし、EVの特長である力強い加速性能と軽量スポーツカーならではの軽快なハンドリングが奏でる、これまでにない面白さを味わってほしいと、EVスポーツカーならではの魅力をアピールした。

生産台数は99台を予定し、車両価格は800万円(税別)。すでに第1回の受注(2013年5月開始)を終えており、今年春に納車を開始するという。今回の都内でのお披露目に伴い、今年2月に再び受注を開始する。併せて実車展示も行う。

トミーカイラZZは、もともと1997年にガソリンエンジンを搭載するスポーツカーとして発売された。その後、京都大学発のベンチャー企業であるGLMが、同モデルをEV化して復活させると発表し、2013年春に量産仕様が公開された。
主要諸元は、全長×全幅×全高=3870×1740×1140mm、最高出力:305ps、最大トルク:42.3kgm(415Nm)、車重:850kg、0-100km/h加速:3.9秒、走行可能距離:120km(カスタマイズ可能)。

(webCG)

関連キーワード:
トミーカイラZZ, GLM, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • 「レクサスRC/RC F」の一部改良モデル登場  2020.9.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年9月17日、レクサスブランドのクーペ「RC」および「RC F」を一部改良して発売した。今回は走行性能向上に加えて、予防安全装備やインフォテインメントシステムの強化を図っている。
ホームへ戻る