「アウディA6」に2リッターFFの新グレード

2014.02.04 自動車ニュース
「アウディA6」
「アウディA6」 拡大

「アウディA6」に2リッターFFの新グレード登場

アウディ ジャパンは2014年2月4日、「A6」シリーズに「A6 2.0 TFSI」「A6アバント2.0 TFSI」を追加設定し、販売を開始した。

 

今回の2.0 TFSIは「A6」「A6アバント」の新たなエントリーグレードで、2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。トランスミッションはCVTが組み合わされる。燃費は、アイドリングストップ機構などの採用により14.8km/リッター(JC08モード)を達成している。

LEDポジショニングランプ付きバイキセノンヘッドライトを標準で備えるなど、エントリーグレードでありながらも装備は充実。マルチメディアインターフェイスの「MMI」や、BOSEサラウンドサウンドシステム、ウォールナットウッドのデコラティブパネル、インテリアアンビエンスライト、アドバンストキーシステム、専用の17インチアルミホイールなども標準装備となる。また、オプションでLEDヘッドライトや、安全運転支援システムの「アウディプレセンスパッケージ」も用意される。

ハンドル位置は右、駆動方式はFFのみの設定。価格はA6 2.0 TFSIが580万円、A6アバント2.0 TFSIが610万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
A6, A6アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.6.15 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジ。クリーンディーゼルエンジンを搭載する最新型はどんなクルマに仕上がっているのか、3列シートの使い勝手を含めリポートする。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
ホームへ戻る