「アウディA6」に2リッターFFの新グレード

2014.02.04 自動車ニュース
「アウディA6」
「アウディA6」 拡大

「アウディA6」に2リッターFFの新グレード登場

アウディ ジャパンは2014年2月4日、「A6」シリーズに「A6 2.0 TFSI」「A6アバント2.0 TFSI」を追加設定し、販売を開始した。

 

今回の2.0 TFSIは「A6」「A6アバント」の新たなエントリーグレードで、2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。トランスミッションはCVTが組み合わされる。燃費は、アイドリングストップ機構などの採用により14.8km/リッター(JC08モード)を達成している。

LEDポジショニングランプ付きバイキセノンヘッドライトを標準で備えるなど、エントリーグレードでありながらも装備は充実。マルチメディアインターフェイスの「MMI」や、BOSEサラウンドサウンドシステム、ウォールナットウッドのデコラティブパネル、インテリアアンビエンスライト、アドバンストキーシステム、専用の17インチアルミホイールなども標準装備となる。また、オプションでLEDヘッドライトや、安全運転支援システムの「アウディプレセンスパッケージ」も用意される。

ハンドル位置は右、駆動方式はFFのみの設定。価格はA6 2.0 TFSIが580万円、A6アバント2.0 TFSIが610万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
A6, A6アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
ホームへ戻る