20年ぶりに「レンジローバー」にロング仕様

2014.03.03 自動車ニュース
「レンジローバー」にホイールベースを200mm延長したLWB仕様が加わった。2013年のドバイ国際モーターショーで世界初公開された。
「レンジローバー」にホイールベースを200mm延長したLWB仕様が加わった。2013年のドバイ国際モーターショーで世界初公開された。 拡大

20年ぶりに「レンジローバー」にロング仕様

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年3月3日、ホイールベースを200mm延長した「レンジローバー ロングホイールベース」を発表した。「3.0 V6 スーパーチャージド ヴォーグ」と「オートバイオグラフィー」に設定され、価格は1347万円(消費税率8%込み)から。

「エグゼクティブ・クラス」リアシート(写真は海外仕様車のもの)。
「エグゼクティブ・クラス」リアシート(写真は海外仕様車のもの)。
    拡大
フロントホイールアーチ後方に「L」バッジが備わる(写真は海外仕様車のもの)。
フロントホイールアーチ後方に「L」バッジが備わる(写真は海外仕様車のもの)。 拡大

■20年ぶりに登場

今回新たに導入されたロングホイールベース(LWB)仕様のレンジローバーは、“究極のSUV”を求めるユーザー層や、伝統的なロングホイールベースのサルーンカーに代わるモデルへの需要に向けて投入されるもの。LWB仕様の設定は、1992年から1994年まで販売された「レンジローバーLSE」以来、20年ぶりとなる。

延長分は200mmで(ホイールベース:2920mm→3120mm、全長:5005mm→5205mm)、すべて後席レッグルームの拡大に充てられている。後席はベンチシートか、2座の「エグゼクティブ・クラス」シートから選ぶことができ、後者を選べば、背もたれを標準ホイールベース車より8度深く傾けることができる。

助手席を前方にスライドさせる「パッセンジャーシート・アウェイ」機構を用いれば、後席にさらなるスペースを作り出せる。また、LWB仕様では「電動サイドドアブラインド」と「スライディング・パノラミックルーフ」が標準装備となり、フロントホイールアーチの後方に「L」バッジが備わる。

メーカー希望小売価格は、「レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド ヴォーグ LWB」が1347万円、「レンジローバー オートバイオグラフィー LWB」が1810万円(いずれも消費税率8%込み)。

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
ホームへ戻る