第4回:特濃な魅力にクラクラ!
輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~

2014.03.05 JAIA輸入車試乗会2014

排気量6リッターオーバーの怪物に、硬派極まるミドシップスポーツ……。お値段も3ケタ万円の後半になると、「さすが国産車とは違うね!」というだけではその魅力を語れない、特濃な面々が集うようになる。中でも編集部が注目したのがこちらだ。

癒やし系BMW
BMW 523dツーリング……671万円

皆さんは、先代「BMW 3シリーズ」のCMを覚えているだろうか? カラスが「割ってちょうだい」と路上に落としたクルミを、ドライバーがひょいっとかわして見せるやつ。あのCMのイメージもあって、私はBMWと聞くと、いまだにハンドルを切ったら「スパッ」と反応して「シャーッ」と旋回するクルマを想像してしまう。クルマの進化に、記憶の更新が追い付いていないのである。

だから「523dツーリング」に乗って「おお?」と思ってしまった。このクルマ、ドライバーを刺激したり、驚かせたりするようなことがない。
車内空間は快適そのもの。2リッターのディーゼルターボは「根は優しくて力持ち」で、西湘バイパスの70km/h走行を7速、1400rpmで粛々とこなす。乗り心地についても、接地感のないふわふわした感じではないのに、外からの入力は「タン、ターン」と情報だけ伝えて衝撃は受け流す。対応がオトナ。見習いたい。テスト車はオプションのアクティブサスを装着していたので、それもあるのかも。

ここで「あ、『ドライビング・パフォーマンス・コントロール』(BMWの可変制御システム)がずっと『コンフォート』だった」と気づき、「スポーツ」モードを試してみる。ギアが1段落ち、70km/hでの回転数が1700-1800rpmあたりに上がる。エンジンが最大トルクを発生する回転域の入り口だ。アシも適度に固くなるけど……うーん。なんというか、コンフォートモードの方が、このクルマ本来の姿な気がした。

意外にも癒やし系。こういうBMWも大いにありです。

(文=webCG 堀田/写真=峰 昌宏)

「BMW 523dツーリング」
「BMW 523dツーリング」 拡大
 
第4回:特濃な魅力にクラクラ!輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~の画像 拡大
 
第4回:特濃な魅力にクラクラ!輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~の画像 拡大
 
第4回:特濃な魅力にクラクラ!輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~の画像 拡大
ロータス エキシージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • MINIジョンクーパーワークス(FF/8AT)【試乗記】 2021.10.16 試乗記 「ゴーカートフィーリング」と表現されることが多いMINIのなかでも、3ドアの「ジョンクーパーワークス」こそが保守本流であり、“THEゴーカート”である。ガチガチに固められたハードな足まわりに、心ゆくまで揺すられてみた。
  • 第217回:真っ青なRに真っ青 2021.10.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。フォルクスワーゲンの高性能SUV「ティグアンR」を駆り、夜の首都高に出撃すると、早速赤いバッジを付けた先代「シビック タイプR」を発見セリ! いざ、R同士の熱いバトルに突入だ!?
ホームへ戻る