第3回:インポートカーの魅力を満喫!
輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~

2014.02.26 JAIA輸入車試乗会2014

Dセグメントのプレミアムセダンに豪快なスペシャリティーカー、玄人好みのハイパフォーマンスモデル……。「これぞ輸入車!」という醍醐味(だいごみ)を感じさせる、4台の注目モデルを紹介しよう。

いいとこだらけ
アウディS3スポーツバック……544万円

速くて高い「A3スポーツバック」くらいに思っていた。乗るまでは。要するにA3の豪華版でしょ、と。

で、乗ってみたら感激した。そんなひとことで済ませられるようなクルマじゃなかった。スポーティーでスペシャルなA3だった。
A3の皮をかぶったスーパーマシン。ひとことで言っちゃってますけど。

280psもあるのだから、動力性能は「ランエボ」「インプレッサ」並み。ハンドリングも素晴らしい。腕に覚えがあろうとなかろうと、思った通りに、走る・曲がる・止まる。そのうえ、乗り心地まで絶品なのだ。しっとりすべすべ……じゃないけど、スムーズさが普通のA3とまったく違う。ここは、オプションで選べる連続可変ダンピングシステム「マグネティックライド」の存在が効いてるのでしょう。

ルックスはまぁ地味っちゃ地味だけど、クオリティーはまさに“アウディ”そのもの。「A6」あたりと比べても何ら遜色のない、上質な仕上がりだ。室内は黒一色なのに、アルミがいいアクセントになっていて重々しい感じがしない。
ドアの開閉音から各部の操作ロジックまで、車種を問わず見事に統一されているのにも感心する。

日本でのS3の販売比率はA3シリーズ全体の約5%だとか。限られた人のための通なモデル。

スポーツカーのようにも使え、日常での使い勝手も文句なし。
今のアウディの技術力をプロダクトとして昇華させた、万能の一台といえるんじゃないでしょうか。

(文=webCG 近藤/写真=峰 昌宏)

「アウディS3スポーツバック」
「アウディS3スポーツバック」 拡大
 
第3回:インポートカーの魅力を満喫!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~の画像 拡大
 
第3回:インポートカーの魅力を満喫!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~の画像 拡大
 
第3回:インポートカーの魅力を満喫!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~の画像 拡大
ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.3 試乗記 高い動力性能を備えながら、それを過度に主張しない上品かつ控えめなキャラクターによって独特の存在感を放つ「ボルボS60」。プラグインハイブリッドシステムを搭載した「T6 Twin Engine」に試乗し、ライバルとは一線を画すプレミアムセダンの魅力に触れた。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
ホームへ戻る