第1回:コストパフォーマンス抜群!
輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~

2014.02.18 JAIA輸入車試乗会2014

今年も大磯で輸入車の合同試乗会が開幕! まずはコストパフォーマンス抜群の、お値段300万円以下のクルマから編集部注目のモデルを紹介しよう。

遅れてきた大物
フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost……229万円

「いまご注文いただいても、色によっては夏ごろの納車になってしまいます」
2008年のデビューから実に5年余りが過ぎ、ようやく日本導入が実現した4代目「フィエスタ」。冒頭の言葉どおり販売は絶好調で、“選ばれている”ポイントは、「デザイン」「装備」それから「エンジン」なのだそうだ。

アストンみたいな顔つきや、シャープなスタイルは確かにカッコいいし、クルコンやオートエアコン、プレミアムサウンドシステム、30km/h以下自動ブレーキの「アクティブ・シティ・ストップ」を標準搭載するなど、日本仕様は装備満載の内容になっている。

そして1リッターの「エコブースト」エンジン。3気筒なのに見事に滑らかだ。バランサーシャフトも使わず、ここまでスムーズに回るのは「フォルクスワーゲンup!」と双璧だと思う。その上で100ps、17.3kgmというご立派なアウトプットを実現しているのだからたいしたもの。さすが「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を2年連続受賞しただけのことはある。

で、乗ったらどうか? アクセルを踏み込むと間髪入れずに立ち上がる、その豊かなトルク感に感動。欧州フォード伝統のシャシー性能の高さとも相まって、快適にクルーズするもスポーティーな走りを楽しむも、気の向くまま。現時点で選べというなら、カー・オブ・ザ・イヤーを差し上げたい。まだ2月ですけど。

(文=webCG 近藤/写真=峰 昌宏)

「フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost」
「フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost」
    拡大

第1回:コストパフォーマンス抜群!輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像 拡大

第1回:コストパフォーマンス抜群!輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像 拡大

第1回:コストパフォーマンス抜群!輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像 拡大
フォード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
ホームへ戻る