ホンダ、「フリード」シリーズを小変更

2014.04.17 自動車ニュース
「ホンダ・フリード Gエアロ(FF)」
「ホンダ・フリード Gエアロ(FF)」
    拡大

ホンダ、「フリード」シリーズをマイナーチェンジ

本田技研工業は2014年4月17日、コンパクトミニバン「フリード」「フリードハイブリッド」とハイトワゴン「フリードスパイク」「フリードスパイクハイブリッド」をマイナーチェンジし、発売した。

今回のマイナーチェンジでは、スーパーUVカット・フロントドアガラスやアレルクリーンシート、プラズマクラスター技術を搭載したフルオートエアコンなどの快適装備が新たに追加されたほか、内外装のデザインも一部新しくなった。

「フリードスパイクハイブリッド ジャストセレクション(FF)」


    「フリードスパイクハイブリッド ジャストセレクション(FF)」
    拡大

ホンダ、「フリード」シリーズを小変更の画像 拡大

ホンダ、「フリード」シリーズを小変更の画像 拡大

ホンダ、「フリード」シリーズを小変更の画像 拡大

主な変更内容は以下の通り。

装備
・すべてのグレードに、紫外線を99%カットするスーパーUVカット・フロントドアガラスと、スギ花粉やダニなどのアレルゲン物質を抑制するアレルクリーンシートを標準装備
・「G」以外のグレードに、プラズマクラスター技術を備えたフルオートエアコンを標準装備

エクステリア
・フロントグリルとフロントバンパーガーニッシュのデザインを変更
・リアコンビネーションランプのブレーキ発光面を赤色に変更
・フリード、フリードハイブリッドに、プレミアムディープロッソ・パールのボディーカラーを新設定
・フリードスパイク、フリードスパイクハイブリッドに、グラマラスモーブ・パールのボディーカラーを新設定
・フリードハイブリッド、フリードスパイクハイブリッドのフルホイールキャップを、ツートンカラーのレイヤードフィンタイプに変更

インテリア
・フリード、フリードハイブリッドに、シートとドアライニング、インパネ加飾をシナモンカラーでコーディネートしたインテリアを新設定

価格は、フリードが174万6000円から236万5000円。フリードハイブリッドが221万円から239万2400円。フリードスパイクが174万6000円から235万2600円。フリードスパイクハイブリッドが221万円と238万円(価格はすべて消費税8%込み)。

(webCG)

関連キーワード:
フリード, フリードスパイク, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フリード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード クロスター 2019.9.20 画像・写真 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。アクティブなユーザー向けに、SUVスタイルの「CROSSTAR(クロスター)」が登場した。“楽しさ”と“遊び心”を表現したという新モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッド クロスターHonda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2019.12.17 試乗記 ホンダの万能コンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。評価の高かった従来モデルからどこまでの進化を遂げたのか? 2列シートのハイブリッド4WDという、ライバルにはないちょっとマニアックな仕様で、その出来栄えを確かめた。
  • 進化したフリード モデューロXを試す 2020.7.10 モデューロXの最新モデルを味わう<PR> ベースとなる「ホンダ・フリード」のマイナーチェンジに合わせ、「フリード モデューロX」も最新モデルにアップデート。日常的な速度域でも体感できる“実効空力”を高めるべく、新開発のエアロバンパーが備わっている。その効果を試すべく、新旧モデルを同時に連れ出した。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
ホームへ戻る