第237回:東京〜神戸530km
「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦

2014.04.18 エディターから一言
東京港区の芝公園から神戸を目指す。
東京港区の芝公園から神戸を目指す。 拡大

2014年3月に行われた、メディア対抗の「VOLVO NEW DRIVE-E パワートレイン エコドライブチャレンジ 2014」に『webCG』も参加した。

車載燃費計の数字をリセットしてスタート。
車載燃費計の数字をリセットしてスタート。 拡大
「エコプラスモード」の設定を忘れないように!
「エコプラスモード」の設定を忘れないように! 拡大
いよいよ神戸へ向けてエコランがスタート。
いよいよ神戸へ向けてエコランがスタート。 拡大

「Drive-E」のエコ性能を体験

せっかく、新型2リッター直4ターボエンジン搭載の「XC60 T5 SE」を、東京から神戸までという長距離で味見できるのだから、オイシイところを思う存分堪能したいところだが、今回はエコランということで、当然ながら燃費を意識して走らなければならない。
アクセルペダルの上の右足に、自由に力を込めることが許されないおよそ530kmのドライブは、かなりの我慢が強いられるものになるのではないかと予想していたが、その覚悟はいい意味で裏切られた。

ボルボご自慢の新世代パワートレイン「Drive-E」は、ボルボ自らが開発しスウェーデンのシュブデにある工場で生産される2リッター直4直噴ターボの「T5エンジン」に、こちらも新開発となる8段ATが組み合わされる。
新型T5エンジンは、最高出力245ps、最大トルク35.7kgmを発生し、従来型より5psと3kgmアップしながら、燃費性能はJC08モードで23%改善の13.6km/リッターを達成している。これによって、XC60のT5モデルはボルボで初めてエコカー減税の100%減税対象車となった。「パワーがアップして燃費も向上したXC60で、ぜひエコドライビングを楽しんでください」というのが今回の企画を主催するボルボ・カー・ジャパンの狙いである。

朝7時30分に東京タワー近くにあるボルボ・カー・ジャパンの本社を出発し、一路神戸空港を目指した。参加したのは自動車メディアを中心とした12媒体で、往路と復路でそれぞれ6媒体ずつが記録に挑戦する。
『webCG』からは工藤と、高橋カメラマンが参戦することとなった。『webCG』チームは往路の参戦で、復路組は翌日の朝に神戸空港から東京へと戻ってくる。

復路は都内の渋滞に見舞われてからのゴールになるはずなので、往路チームの方が有利では? との予想で往路組を選んだのだが、果たしてそれが吉と出るか凶と出るか……。

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー5008 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.30 試乗記 アウディのミドルクラスSUV「Q5」がマイナーチェンジ。広範にわたる改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? エンジンが刷新されたディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
ホームへ戻る