クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第237回:東京〜神戸530km
「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦

2014.04.18 エディターから一言
東京港区の芝公園から神戸を目指す。
東京港区の芝公園から神戸を目指す。 拡大

2014年3月に行われた、メディア対抗の「VOLVO NEW DRIVE-E パワートレイン エコドライブチャレンジ 2014」に『webCG』も参加した。

車載燃費計の数字をリセットしてスタート。
車載燃費計の数字をリセットしてスタート。 拡大
「エコプラスモード」の設定を忘れないように!
「エコプラスモード」の設定を忘れないように! 拡大
いよいよ神戸へ向けてエコランがスタート。
いよいよ神戸へ向けてエコランがスタート。 拡大

「Drive-E」のエコ性能を体験

せっかく、新型2リッター直4ターボエンジン搭載の「XC60 T5 SE」を、東京から神戸までという長距離で味見できるのだから、オイシイところを思う存分堪能したいところだが、今回はエコランということで、当然ながら燃費を意識して走らなければならない。
アクセルペダルの上の右足に、自由に力を込めることが許されないおよそ530kmのドライブは、かなりの我慢が強いられるものになるのではないかと予想していたが、その覚悟はいい意味で裏切られた。

ボルボご自慢の新世代パワートレイン「Drive-E」は、ボルボ自らが開発しスウェーデンのシュブデにある工場で生産される2リッター直4直噴ターボの「T5エンジン」に、こちらも新開発となる8段ATが組み合わされる。
新型T5エンジンは、最高出力245ps、最大トルク35.7kgmを発生し、従来型より5psと3kgmアップしながら、燃費性能はJC08モードで23%改善の13.6km/リッターを達成している。これによって、XC60のT5モデルはボルボで初めてエコカー減税の100%減税対象車となった。「パワーがアップして燃費も向上したXC60で、ぜひエコドライビングを楽しんでください」というのが今回の企画を主催するボルボ・カー・ジャパンの狙いである。

朝7時30分に東京タワー近くにあるボルボ・カー・ジャパンの本社を出発し、一路神戸空港を目指した。参加したのは自動車メディアを中心とした12媒体で、往路と復路でそれぞれ6媒体ずつが記録に挑戦する。
『webCG』からは工藤と、高橋カメラマンが参戦することとなった。『webCG』チームは往路の参戦で、復路組は翌日の朝に神戸空港から東京へと戻ってくる。

復路は都内の渋滞に見舞われてからのゴールになるはずなので、往路チームの方が有利では? との予想で往路組を選んだのだが、果たしてそれが吉と出るか凶と出るか……。

ボルボ XC60 の中古車

絶妙な8段AT

出発してすぐ、首都高の芝公園入り口から都心環状線に乗り、3号線から東名〜新東名〜伊勢湾岸道〜東名阪〜新名神〜名神というルートで神戸空港を目指すことにした。

XC60には省燃費走行ができる「エコプラスモード」が搭載されている。センターコンソールのボタンを押せば、シフトのタイミングやエンジンレスポンス、アイドリングストップのタイミングを省燃費方向に振った設定になるほか、トランスミッションとエンジンを切り離して慣性走行する「エココースト機能」が作動する。
このエコプラスモードは、エンジンキーを抜くたびにオフになってしまうので、スタート後は忘れずにオンにしなければ、今日の勝負に勝ち目はない。
忘れないように「エコプラス、エコプラス」と念じながら首都高を走った。

幸いなことに首都高の流れは順調だったので、難なく東京料金所を越えて東名へと入ることができた。それ以降は、一番左の車線をATが8速に入る80km/hで巡航していった。
当初は、人間が車速をコントロールするよりも、アダプティブクルーズコントロール(ACC)のお世話になった方が燃費向上に貢献するだろうと思い、設定していたのだが、ACCがオンだと先ほど述べた「エココースト機能」が動作しないことに気づいたので、人力クルーズコントロールに切り替えた。

加減速をできるだけせず、無駄なアクセルのオンオフなくスムーズに走ることが要求されるエコランは、普通のドライビングにもまして右足のコントロールに気をつかう。なのでACCが使えないのは体力的につらいものがあるが、アイシンAW製の8段ATはシフトのタイミングもスピードも絶妙なので、例えばゆるい上り勾配でほんの少しアクセルに力を込めると、まるで意図をくみ取ったかのように「トン」とシフトダウンしてくれる。かゆいところに手の届くようなこの感じはとても気持ちがよく、そして疲労も少ない。まるでよく気がつく有能な部下を持ったような気分だ。

首都高は順調にクリア。
首都高は順調にクリア。 拡大

第237回:東京〜神戸530km「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦の画像 拡大
「エコ」な走りを続けるとメーターにグリーンの表示が。
「エコ」な走りを続けるとメーターにグリーンの表示が。 拡大

第237回:東京〜神戸530km「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦の画像 拡大

エココーストで燃費アップを狙う

エココースト機能は、数百メートル先に遅い先行車がいる時などに、アクセルペダルをすっと抜くと、タコメーターの針がストンと落ちて慣性走行に入り、先行車に接近してブレーキを踏むと、コースト機能がキャンセルされる。トランスミッションとエンジンがつながる時のショックは、注意していても気づかないほどで、これもドライビングに不快感を与えるものではない。

エココースト機能を働かせると、メーターパネルに表示される瞬間燃費計の数値がどんどん伸びるので、それが面白くて長い下り坂でどこまで慣性走行できるか何度も試してしまった。
思えば小学生の頃、坂の多い街に住んでいた私は、坂の上からどれだけ自転車をこがずに街を走れるかをあれこれ実験したものだ。
「ああ、エココーストだったんだな、あの頃のオレ」と回想に浸っているうちに、XC60は新東名の浜松SAに差し掛かっていた。

ちょっと早めの昼食を取ろうとSAのパーキングにクルマを止めて車外に出ると、激しい風が吹いていた。東京を出た時は穏やかだったのだが、台風のような風が吹いていたとは、XC60の車内では感じることはできなかった。
私は普段の足として、古い軽バンに乗っているのだが、こんな風の日は真っすぐ走るだけで一苦労だ。20年も昔の軽バンと比較するのはあんまりにもあんまりだが、まだ冷たい春の強風に頰をたたかれながら、あらためてXC60はいいクルマだと思い知ったのだった。
ここまでの走行距離は240km、燃費計は16.5km/リッターを示していた。

のんびりととんかつ定食などを食べていたら、ゴールの制限時間である16時まであまり余裕がないことに気づいた。この時点で残り時間はおよそ5時間で、ゴールまでは約300km。
このまま80km/hのペースで走行すれば間に合わなくはないが、途中で渋滞にハマってしまったら制限時間をオーバーするかもしれない。
燃費計の推移と残りの距離、ゴール時間を計算しながら、ややペースアップして走行することにしよう。


第237回:東京〜神戸530km「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦の画像 拡大
エココーストに入ると燃費計の数字が伸びてとても気分がいい。
エココーストに入ると燃費計の数字が伸びてとても気分がいい。
    拡大
「XC60 T5 SE」に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、245psと35.7kgmを発生する。
「XC60 T5 SE」に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、245psと35.7kgmを発生する。 拡大

第237回:東京〜神戸530km「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦の画像 拡大

はたして順位は?

静岡県から愛知県に入っても、相変わらず風は強い。時折ハンドルに風を感じるようになってきた。強風が燃費値に悪影響を及ぼすことは、できるだけ楽に自転車を前に進ませることばかり考えていた小学生の時分に身をもって経験しているので、だんだん往路を選択したことへの不安が増してきた。
もし明日天候が穏やかになったら、復路のチームに有利になるかもしれない。そう思うと、右足の力も弱くなってくる。

やや混雑する音羽蒲郡から岡崎を抜け、伊勢湾岸道に入るとさらに風は強まり、新名神の山間部に入ると、雪もちらついてきた。
さらに困ったことに、当初通行予定だった名神高速で事故渋滞という表示が。渋滞にハマってしまえば、燃費は悪化するし、制限時間に間に合わなくなる恐れがある。多少遠回りにも思えるが京滋バイパスを経由して神戸を目指した方がよさそうだ。しかし、100kmを残り2時間、都市高速を走行することを考えると、ほとんど余裕がない。

京滋バイパスから阪神高速13号東大阪線を通過し、阪神高速3号神戸線へと入る。ラッキーなことにここも渋滞しておらず、スムーズに走ることができた。この分でいくと制限時間前にゴールできそうだ。
XC60は兵庫県に入り、甲子園球場が見えてきた。ゴールは間もなくである。ここまで休憩をはさんで7時間近く運転してきたが、疲労感はあまりない。

いつもなら長時間座っているとお尻が痛くなってしまうのだが、XC60のシートは私の体にあっているのか、そういったこともなく、このまま空港から飛行機で帰るのではなく、XC60を運転して帰ってもいいかと思えるくらいだ。なんならいっそこのまま自宅まで運転して帰りたい。などと思いつつ、XC60は阪神高速を降りて、ポートアイランドに入った。いよいよゴールである。
慣れない道で車線変更に戸惑いながらも、目的地の神戸空港へと到着した。
タイムリミットまで15分を残してのゴールである。
総走行距離は530km、そして注目の燃費値は16.3km/リッターであった。

翌日に復路チームの挑戦が控えていることもあり、この時点ではわれわれの順位は発表されなかったのだが、後日送られてきた順位表によると、『webCG』チームは、なんと、ドロドロドロドロ(ドラムロールの音)……第4位という成績であった!
感嘆符を付けるような成績ではないように思われるかもしれないが、実は往路チームでは第1位だったのである。
ちなみに総合順位は優勝が『CAR GRAPHIC』の17.6km/リッター。第2位が同点で『Motor Magazine』『オートックワン』の17.3km/リッターであった。

優勝の『CAR GRAPHIC』には1.3km/リッターもの差を付けられてしまった。これの差に天候がどれくらい影響しているのかはわからないが、2リッターターボで1.8トン近くもあるクルマが、17km/リッターを超えるような燃費値を記録するなんて、20年前なら想像だにできなかっただろう。私の20年落ち軽バンの場合、同じようなペースで走っても、せいぜい14km/リッターだから、技術の進歩はすさまじいものがある。

CO2の排出量と燃費のこと、さらにボルボが誇る安全性能を考えれば(そして預金残高のことを考えなければ)、今すぐXC60に買い換えた方がいいのだろう。
530kmをともにしたXC60に後ろ髪をひかれながら、帰りの飛行機に乗ったのであった。

(文=工藤考浩/写真=高橋信宏)

燃費計のデータを確認しながらペースを調整する。
燃費計のデータを確認しながらペースを調整する。
    拡大

第237回:東京〜神戸530km「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦の画像 拡大

第237回:東京〜神戸530km「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦の画像 拡大
ゴールの神戸空港で燃費計の数値をチェック。
ゴールの神戸空港で燃費計の数値をチェック。
    拡大

第237回:東京〜神戸530km「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦の画像 拡大
テスト車のデータ
ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4645×1890×1715mm
ホイールベース:2775mm
車重:1790kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブターボ
トランスミッション:8段AT
エンジン最高出力:245ps(180kW)/5500rpm
エンジン最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1500-4800rpm
タイヤ:(前)235/60R18 108V/(後)235/60R18 108V(コンチネンタル・コンチエココンタクト5)
燃費:13.6km/リッター(JC08モード)
車両本体価格:574万9714円(消費税8%含む)
テスト車のデータ
    ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4645×1890×1715mm
    ホイールベース:2775mm
    車重:1790kg
    駆動方式:FF
    エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブターボ
    トランスミッション:8段AT
    エンジン最高出力:245ps(180kW)/5500rpm
    エンジン最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1500-4800rpm
    タイヤ:(前)235/60R18 108V/(後)235/60R18 108V(コンチネンタル・コンチエココンタクト5)
    燃費:13.6km/リッター(JC08モード)
    車両本体価格:574万9714円(消費税8%含む)
    拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ XC60 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。