「アウディR8」がレーザーハイビームを搭載

2014.05.10 自動車ニュース
「アウディR8 LMX」
「アウディR8 LMX」 拡大

「アウディR8」がレーザーハイビームを搭載

独アウディは2014年5月9日、ヘッドランプのハイビームにレーザー光源を用いた「アウディR8 LMX」を発表した。全世界99台の限定車で、欧州では2014年の夏に納車が始まる予定。

■照射範囲はLEDヘッドライトの2倍

今回アウディR8 LMXに採用されるレーザーハイビームは、車速が60km/h以上に達するとレーザースポットがLEDハイビームを補完し、視認性を向上させるもの。照射範囲はオールLEDヘッドライトの2倍におよぶ。

レーザーハイビーム用モジュールはダイオード径は300ミクロンのレーザーダイオードからなる。これが波長450ナノメートルの青いレーザービームを発し、蛍光体コンバーターを使って路面照射に適した色温度5500ケルビンの白色灯に変換する。

アウディは2014年1月、家電の見本市である「2014 International CES」(開催地:米国ラスベガス)で、ヘッドランプのハイビームにレーザー光源を用いたプラグインハイブリッド車のコンセプトカー「スポーツクワトロ レーザーライト コンセプト」を公開していた。また同様のヘッドライトがFIA世界耐久選手権(WEC)の参戦車両「R18 e-tron quattro」に採用されており、2014年6月のルマン24時間レースで使用される予定だ。

R8 LMXは、R8の“ルマンエディション”という位置付け。570psと55.1kgmをほこる5.2リッターV10エンジンを搭載し、0-100km/h加速を3.4秒でこなす。最高速は320km/h。

(webCG)

関連キーワード:
R8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ R8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
  • BMW M440i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.20 試乗記 BMWの「4シリーズ カブリオレ」が2代目に進化。“Mパフォーマンス仕上げ”の最上級モデル「M440i xDriveカブリオレ」を郊外に連れ出し、伝統のストレート6と4WDのシャシー、そしてオープンスタイルが織りなす走りを確かめた。
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る