ベントレー・コンチネンタルGTに新型V8搭載【デトロイトショー2012】

2011.12.13 自動車ニュース

【デトロイトショー2012】「ベントレー・コンチネンタルGT」に新型V8搭載

英ベントレーは、2012年1月9日に開幕する北米国際オートショー(通称:デトロイトショー)に、新開発の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「コンチネンタルGT」および「GTC」を出展する。

新開発の4リッターV8ツインターボエンジンは、「コンチネンタルGT」にふさわしい力強さを備えるだけでなく、優れた環境性能を持つのが売りだ。6リッターW12エンジンと比較して、CO2の排出量が40%削減されており、満タン状態から800kmの航続距離を可能とする燃費性能を誇るという(現時点では具体的な燃費値は未公表)。これはエンジンマネジメントシステムの改良に加え、走行中に8気筒から4気筒へと切り替える「可変排気量」システムの採用によって実現された。

一方で、最高出力は507ps/6000rpm、最大トルクは67.3kgm/1700-5000rpmに設定された。新しい8段のクロスレシオトランスミッションと組み合わされ、0-100km/h加速は5秒以下、最高速は290km/h以上という動力性能を備えている。

このエンジンはクーペボディーの「コンチネンタルGT」のほかに、オープンボディーの「コンチネンタルGTC」にも搭載される。従来の6リッターW12エンジン搭載車も引き続き販売されるという。

(webCG 竹下)

「ベントレー・コンチネンタルGT」
「ベントレー・コンチネンタルGT」 拡大

ベントレー・コンチネンタルGTに新型V8搭載【デトロイトショー2012】の画像 拡大

ベントレー・コンチネンタルGTに新型V8搭載【デトロイトショー2012】の画像 拡大
新開発V8エンジンの透視図。
新開発V8エンジンの透視図。 拡大
V8エンジンの燃焼イメージ。
V8エンジンの燃焼イメージ。 拡大

関連キーワード:
コンチネンタルGT, コンチネンタルGTC, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルGT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.29 試乗記 新開発された「MSB」プラットフォームを採用する新型「ベントレー・コンチネンタルGT」の実力を探るべく、高速道~ワインディングロードへと連れ出した。一新されたシャシーと4WDシステムは、ラグジュアリー2ドアクーペにどんな走りをもたらすのか?
  • ベントレー・コンチネンタルGT 2018.3.5 画像・写真 英国の高性能グランドツアラー「ベントレー・コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ。従来モデルよりさらなるパフォーマンス向上を果たすとともに、「ベントレーダイナミックライド」によって快適な乗り心地も実現している。3代目となる新型を写真で紹介する。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
  • 新型「ベントレー・フライングスパー」日本上陸 2020年春にデリバリー開始 2019.12.4 自動車ニュース ベントレー・モーターズ・ジャパンは2019年12月4日、フルモデルチェンジしたスポーツサルーン「ベントレー・フライングスパー」を発表した。注文受け付けは同日に開始され、2020年の第2四半期にはデリバリーが始まる見込み。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
ホームへ戻る