「日産デイズ」一部仕様変更で燃費が向上

2014.07.03 自動車ニュース
「日産デイズX」
「日産デイズX」 拡大

「日産デイズ」一部仕様変更で燃費が向上

日産自動車は2014年7月3日、軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

「日産デイズ ハイウェイスターG」
「日産デイズ ハイウェイスターG」 拡大

今回の一部仕様変更では、FF車の「S」「X」「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターG」に、減速時にオルタネーターで発電した電力をニッケル水素電池に充電し、オーディオやナビなどの電装品に使用することでガソリン消費量を抑える「バッテリーアシストシステム」を採用。これにより、30.0km/リッター(JC08モード)の燃費を実現した。

また、吸気ダクトのレイアウト変更やトランスミッションのギア比変更等により、加速性能の向上を図った。

エクステリアでは、「J」「S」「X」に他グレードと同様にルーフアンテナを採用したほか、ボディーカラーラインナップの見直しを実施。「アゼリアピンク」「モカブラウン」「ピンクゴールド」の3色を新たに追加し、全10色の設定とした。

価格は「J」(FF/CVT)の109万8360円から「ハイウェイスターG ターボ」(4WD/CVT)の161万2440円まで。

(webCG)
 

関連キーワード:
デイズ, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更 予防安全装備の機能を強化 2020.8.20 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更。予防安全・運転支援システムの設定を拡大するとともに、センサーにミリ波レーダーを採用し、機能を強化した。「ハイウェイスター」シリーズの安全装備の拡充や、ボディーカラーへの新色追加もトピックとなっている。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
ホームへ戻る