トヨタ・クラウンに4WDのハイブリッド車が登場

2014.07.09 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートG Four」
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートG Four」
    拡大

「トヨタ・クラウン」に4WDのハイブリッド車が新登場

トヨタ自動車は、「クラウンロイヤル/クラウンアスリート/クラウンマジェスタ」の各シリーズに、新たにハイブリッド・フルタイム4WD車を設定。「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン」「クラウン ハイブリッド アスリートS」の特別仕様車「Black Style(ブラックスタイル)」とあわせて、2014年7月9日に発売した。

「クラウンマジェスタ Four」
「クラウンマジェスタ Four」
    拡大
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」
    拡大
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」のインテリア。
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」のインテリア。
    拡大

■トヨタ初のハイブリッド・フルタイム4WD車

これまでFR車のみだったクラウンのハイブリッドモデルに、新たに4WD車が加えられた。
2.5リッター直4ガソリンエンジンとモーターからなるハイブリッドシステムは変わらぬものの、4WD車のパワートレインには「トルセンLSD付きトランスファー」と新開発のハイブリッド用トランスミッションを採用。ハイブリッドシステムが発生するトルクを、通常時40:60、走行状態に応じて50:50~30:70の比率で前後輪に配分する。

これら“4WDハイブリッド”車の燃費値(JC08モード)は、クラウンロイヤルとクラウンアスリートでは、最高21.0km/リッター。FR車(23.2km/リッター)と比べた場合、2.2ポイントのダウンとなっている。
一方、クラウンマジェスタの4WD車は19.0km/リッターを記録する。クラウンロイヤルらと同じ2.5リッター直4エンジン+モーターの採用により、3.5リッターV6エンジン+モーターを搭載する同モデルのFR車(18.2km/リッター)よりも、すぐれた燃費を実現した。

各車の価格帯は、以下の通り。
・クラウン ハイブリッド ロイヤル Four:443万3143円
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン Four:504万円
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four:572万9143円
・クラウン ハイブリッド アスリート Four:443万3143円
・クラウン ハイブリッド アスリートS Four:504万円
・クラウン ハイブリッド アスリートG Four:580万6963円
・クラウンマジェスタ Four:648万円

「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン“Black Style”」


    「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン“Black Style”」
    拡大
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」
    拡大
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」にオプション設定される、テラロッサのインテリア。
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」にオプション設定される、テラロッサのインテリア。
    拡大

■ブラック基調でキメたクラウン

同時に、クラウンロイヤルサルーン/クラウンアスリートSのハイブリッド車(FR車・4WD車)をベースとした、特別仕様車“Black Style”も設定された。

このうちロイヤルサルーンの“Black Style”は、グリルやメッキパーツ、さらに内装飾を黒基調とすることで、さらなる上質さを表現。
アスリートSの“Black Style”も、ピアノブラックの格子を持つグリルやブラックスパッタリング塗装の18インチアルミホイールでドレスアップ。さらに、テラロッサ(赤)の専用本革シートもオプション設定される。雨滴感応式オートワイパーと自動防げんインナーミラーも全車に与えられる。

価格は、以下の通り。
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン“Black Style”:492万8673円
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン Four“Black Style”:514万4673円
・クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”:501万3673円
・クラウン ハイブリッド アスリートS Four“Black Style”:522万9673円

(webCG)

関連キーワード:
クラウン アスリート, クラウン マジェスタ, クラウン ロイヤル, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ クラウン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • 第210回:カーマニア最後の桃源郷 2021.7.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車4台がすべて後輪駆動となったいま、カーマニアとして「人生の目的は達した」はずなのだが、なぜかココロは満たされない。その足りない何かに気づき、中古車サイトで検索したのは、まさかの“軽トラ”だった!
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
ホームへ戻る