「アウディA6」にスポーティーな限定車

2014.07.22 自動車ニュース
「アウディA6 Sライン プラス」
「アウディA6 Sライン プラス」 拡大

「アウディA6」にスポーティーな限定車

アウディ ジャパン2014年7月22日、スポーティーな装備を追加した限定車「アウディA6 Sライン プラス」と「アウディA6アバント Sライン プラス」を発売した。

「アウディA6 Sライン プラス」
「アウディA6 Sライン プラス」 拡大
「アウディA6アバント Sライン プラス」
「アウディA6アバント Sライン プラス」 拡大
 
「アウディA6」にスポーティーな限定車の画像 拡大
 
「アウディA6」にスポーティーな限定車の画像 拡大

今回の限定車は、「A6 2.8 FSI クワトロ」と「A6アバント 2.8 FSI クワトロ」をベースに、オプションの「Sラインパッケージ」などを標準装備としたもの。ボディーカラーはグレイシアホワイト、ダコタグレー、ファントムブラックの3種類が用意される。主要装備は以下のとおり。

<主要装備>
・Sライン専用フロント、リヤバンパー、サイドシル
・Sライン・エンブレム(サイド)
・Sライン・サスペンション
・Sライン・エンボス加工入りフロントスポーツシート(バルコナレザー)
・マルチファンクション&パドルシフト付き本革巻き3スポークスポーツステアリングホイール
・マットアルミニウムパネル
・ブラックヘッドライニング
・LEDヘッドライト
・プライバシーガラス
・オートマチックテールゲート(アバントのみ)
・アウディスポーツ・チタンルック5アームローターデザイン・アルミホイール(8.5J×20)

販売台数はセダン、アバントモデルそれぞれ限定100台の計200台。価格はセダンが762万円、アバントが808万円。

(webCG)

関連キーワード:
A6, A6アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
  • レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場 2020.6.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月16日、レクサスブランドのFRスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。走行性能の強化に加えて、内外装デザインの見直しや予防安全装備の進化など、全方位的な進化を遂げている。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る