新型「BMW X6」日本仕様の受注開始

2014.08.07 自動車ニュース
「BMW X6 xDrive50i」
「BMW X6 xDrive50i」
    拡大

新型「BMW X6」日本仕様の受注開始

BMWジャパンは2014年8月7日、新型「BMW X6」の注文受付を開始した。

■動力性能と燃費性能を共に改善

BMW X6は、SUVと4ドアクーペの特徴を併せ持つクロスオーバーモデルである。今回の新型はその2代目のモデルに当たり、本国では2014年6月に発表された。

エンジンのラインナップはディーゼルも含めて全5種類となっているが、日本に導入されるのは2種類のガソリンエンジンのみ。ひとつは「xDrive35i」に搭載される3リッター直6ターボで、アウトプットは従来モデルと同じ306ps(225kW)/5800rpm、40.8kgm(400Nm)/1200-5000rpmとなっている。一方、「xDrive50i」に搭載される4.4リッターV8ツインターボは最高出力、最大トルクとも従来モデルを約10%上回る450ps(330kW)/5500rpm、66.3kgm(650Nm)/2000-4500rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションはともに8段AT。駆動方式には前後の駆動トルクを可変配分するフルタイム4WDシステムを採用している。

ボディーについては、エンジンフードをアルミ製、フロントフェンダーを樹脂製としたほか、ダッシュボードの構造部材にマグネシウム合金を用いるなど、各部に軽量素材を採用。モデルに応じて最大約40kgの軽量化を達成しているという(欧州仕様車における従来モデルとの装備差異調整後の数値)。またフロントホイール側面の気流の乱れを抑えるためにダクトを設けるなど、空気抵抗の低減にも注力している。

これらの技術により、新型X6は従来モデルより動力性能を向上。0-100km/h加速については、xDrive35iは従来モデルより0.3秒速い6.4秒を、xDrive50iは同じく0.6秒速い4.8秒を実現した。また、コースティングモード(車速50km/h以上、ECO PROモード選択時に作動)を備えるなど、燃費にも配慮しており、先述の軽量化、空気抵抗低減とも相まって、燃料消費率(NEDC測定値)は両モデルとも約20%改善したという。

■スポーティーな「Mスポーツ」が登場

ラインナップの強化も図っており、xDrive35i、xDrive50iの両グレードに、スタンダードモデルに加えてスポーティーな「Mスポーツ」を設定した。このモデルには、専用の外装パーツや電子制御式サスペンション「アダプティブMサスペンション」を装備するほか、「xDrive50i Mスポーツ」にはリア左右輪への駆動力配分を可変制御することでコーナリング性能を高める「ダイナミック・パフォーマンス・コントロール」も採用している。

安全に関わるものをはじめ、装備類も充実しており、自動緊急ブレーキやアクティブクルーズコントロール、車線逸脱予防警報などの機能からなる「ドライビング・アシスト・プラス」を全車に採用。車両前方および側方をパノラマビューで映し出す「サイド・ビュー・カメラ」も標準装備となるほか、現在の車速やカーナビの矢印表示などをフロントウィンドウに投影する「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」をxDrive50iに標準で、xDrive35iにはオプションで用意している。

価格は以下の通り。
・xDrive35i:898万円
・xDrive35i Mスポーツ:975万円
・xDrive50i:1185万円
・xDrive50i Mスポーツ:1285万円

納車については、xDrive50iは2014年12月から、xDrive35iは2015年2月からを予定している。

(webCG)

関連キーワード:
X6, BMW, 自動車ニュース

BMW X6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.15 試乗記 SUVに流麗なクーペスタイルを組み合わせたクロスオーバーSUVの先駆け「BMW X6」がフルモデルチェンジ。最高出力265PSの3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「xDrive35d Mスポーツ」に試乗し、多くのフォロワーを生み出した人気の秘密を探った。
  • メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.8.26 試乗記 プレミアムブランドにおける今日のトレンドのひとつであるSUVクーペをベースに、AMGが走りを仕立てた「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」。SUVで、クーペで、しかもAMGという欲張りな一台は、どのようなクルマに仕上がっていたのか? その実力を確かめた。
  • BMW X5 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.24 試乗記 「BMW X5」のハイパフォーマンスモデル「M50i」に試乗。最高出力530PSを生み出す4.4リッターV8ツインターボエンジンと“駆けぬける歓び”をもたらすシャシー、さらには手放し運転を可能にする運転支援装備など、現代の自動車技術の最先端を体感した。
  • メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.24 試乗記 モデルラインナップは全7種類と、今や一大ファミリーとなったメルセデス・ベンツのSUV製品群。その中核をなすのが「GLE」だ。4代目となる現行型の出来栄えを、2リッターディーゼルターボを搭載したエントリーモデル「300d」の試乗を通して確かめた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
ホームへ戻る