第65回「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(前編)

2014.09.05 水野和敏的視点

空力性能を本気で磨いてきた

いよいよ新型「メルセデス・ベンツCクラス」の販売が日本で始まりました。ラインナップされるのは、1.6リッターターボ(156ps、25.5kgm)の「C180」(419万円)と、その豪華版の「C180アバンギャルド」(467万円)、および2リッターターボ(184ps、30.6kgm)の「C200アバンギャルド」(524万円)。そして、ちょっと遅れて、同じ2リッターターボながらチューンの高い(211ps、35.7kgm)「C250スポーツ」(644万円)が納車される予定とのこと。いずれも4気筒モデルです。今回はその中から売れ筋の「C180アバンギャルド」を選びました。まずは外観を見ていきましょう。

外観の第一印象は、「Cクラスのイメージをよく守っているな」というものでした。パッと見て、ちゃんとCクラスに見えます。例えばリアコンビネーションランプあたりのデザインなんて、先代Cクラスの雰囲気をうまく残していると思いませんか? こういったことは、アイデンティティーを継承する上で、とても大事なポイントです。

それでいて、エアロダイナミクスはかなり変えてきており、空力性能が大きく改善されていることがひと目見てわかります。トランクリッド後端の“跳ね上げ”(リップスポイラーの角度)が強まっているのがわかりますか。前方から来る風を、ここでバーンと跳ね上げてやるんです。これは、Cd値の改善に効果があります。

さらに、リアバンパーの下端、ディフューザー部を後方に延ばしていますね。こうすると、上から来た風と、下から来た風がぶつかるポイントが一段と後方に移動するわけです。これも、Cd値の低減に大きく効きます。実際、新型CクラスのCd値は、0.24という驚異的な数値が発表されています。

好き嫌いはあるでしょうが、新型のエクステリアデザインは空力面での真面目な進化が見て取れます。これは極めて考え抜かれたデザインです。


第65回「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(前編)の画像 拡大

第65回「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(前編)の画像 拡大

第65回「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(前編)の画像 拡大
メルセデス・ベンツC180アバンギャルド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1810×1435mm/ホイールベース:2840mm/車重:1510kg/駆動方式:FR/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:156ps/5300rpm/最大トルク:25.5kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)225/50R17 (後)225/50R17/車両本体価格:467万円
メルセデス・ベンツC180アバンギャルド
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1810×1435mm/ホイールベース:2840mm/車重:1510kg/駆動方式:FR/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:156ps/5300rpm/最大トルク:25.5kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)225/50R17 (後)225/50R17/車両本体価格:467万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス 2021.2.24 画像・写真 新世代の「メルセデス・ベンツCクラス」がデビュー。セダン、ワゴンそろって、その姿が公開された。クラシカルなプロポーションが特徴のエクステリアや、新型「Sクラス」の要素を取り入れたというインテリアを写真で紹介する。
  • 新型「メルセデス・ベンツCクラス」登場 電動化と運転支援をさらに追求 2021.2.24 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年2月23日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツCクラス」の概要を発表した。欧州では同年3月30日に受注開始、同年夏にデリバリーが始められる見込み。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • 新型「アウディA3/S3」シリーズ日本上陸 高機能インフォテインメントシステムを採用 2021.4.21 自動車ニュース アウディ ジャパンは2021年4月21日、新型「A3スポーツバック/A3セダン」およびその高性能スポーツバージョンである「S3スポーツバック/S3セダン」の日本導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。同年5月18日に発売する。
ホームへ戻る