「スバルWRX」が1カ月で約3800台を受注

2014.09.26 自動車ニュース
「WRX STI Type S」。ボディカラーはWRブルー・パール。
「WRX STI Type S」。ボディカラーはWRブルー・パール。 拡大

「スバルWRX」シリーズが1カ月で約3800台を受注

富士重工業は2014年9月25日、新型「WRX S4/WRX STI」の受注台数が、発表後約1カ月で3835台に達したと発表した。

「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」。ボディーカラーはクリスタルホワイト・パール。
「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」。ボディーカラーはクリスタルホワイト・パール。 拡大

■「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」の白が人気

WRX S4/WRX STIの発売は2014年8月25日。両モデル合わせたWRXシリーズ全体の月販目標650台に対し、9月24日時点でその約6倍となる3835台に達した。詳しい受注内容は以下のとおり。

・累計受注台数
WRX S4 1992台(月販目標400台)
WRX STI 1843台(同250台)

・グレード構成比
<WRX S4>
2.0GT-S EyeSight……75%
2.0GT EyeSight……25%
<WRX ST>
STI Type S……55%
STI……45%

・外装色構成比
<WRX S4>
クリスタルホワイト・パール……28%
アイスシルバー・メタリック ……24%
WRブルー・パール……18%
クリスタルブラック・シリカ……17%
ダークグレー・メタリック……9%
ライトニングレッド……4%
<WRX STI>
WRブルー・パール……46%
クリスタルホワイト・パール……24%
クリスタルブラック・シリカ……14%
アイスシルバー・メタリック ……7%
ダークグレー・メタリック……6%
ライトニングレッド……3%

なお、購入者の年齢構成はWRX S4で40~50代が約6割、WRX STIで30~40代が約7割となっており、全体で見ると40代が中心になっているとのことだ。

(webCG)

関連キーワード:
WRX STI, WRX S4, スバル, 自動車ニュース

スバル WRX STI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STIタイプRA-R 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • なんで北米専売なの!?
    STIのスペシャルマシン「S209」に思うこと
    2019.1.30 デイリーコラム 北米市場でしか販売されないという、STIの新作コンプリートカー「S209」。日本のファンは、がっかりとうなだれるしかないのか? 自他ともに認める“スバリスト”である筆者が、公表されたスペックや仕立てから同モデルを評価する。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
  • 「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場 2018.7.19 自動車ニュース 「スバルWRX STI」をベースとしたコンプリートカー「タイプRA-R」が500台限定で登場。STIの創立30周年を祝う記念モデルで、最高出力を329psに高めたEJ20型エンジンの採用や、装備を簡素化してまでの軽量化などを通して車両運動性能が高められている。
ホームへ戻る