シボレー・コルベットのATが8段に

2014.11.05 自動車ニュース
「シボレー・コルベット」のATが6段から8段へ変更される。
「シボレー・コルベット」のATが6段から8段へ変更される。 拡大

「シボレー・コルベット」のATが8段に

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年11月4日、8段オートマチックトランスミッション(AT)を搭載する「シボレー・コルベット」の改良モデルを発表した。同年12月20日に販売を開始する。

8L90型8段AT。燃費と加速性能を改善するだけでなく、軽量でコンパクトなのも自慢。
8L90型8段AT。燃費と加速性能を改善するだけでなく、軽量でコンパクトなのも自慢。 拡大

■燃費と加速性能を改善

新たに開発されたシフトパドル付き8段AT(8L90型)は、走行性能と効率を改善させるだけでなく、デュアルクラッチ式トランスミッションに匹敵する変速レスポンスを備えているのが自慢。従来の6段ATと比較して、ギア比は1速がより低く(4.03→4.56)、トップギアはより高く(0.67→0.65)設定され、変速比幅は6.0から7.0に広げられた。

燃費は従来比3.5%向上の29mpg(米EPAのハイウェイモード。12.3km/リッターに相当)とされ、動力性能は0-60mph(96km/h)加速が0.1秒短縮の3.7秒へと改善された。フル加速時には「ポルシェ911」のデュアルクラッチトランスミッション「PDK」より100分の8秒、素早くシフトアップするという。

また、新型8段ATはコンパクトで軽量なのも特徴。従来と同じスペースに収めることができ、アルミとマグネシウムを多用して4kg以上の軽量化を果たした。

新価格は以下のとおり。8AT車は従来型の一律6万円高となる。7MT車の価格に変更はない。なお「コルベットZ51」と「コルベット コンバーチブルZ51」の販売は2015年2月に開始される予定。

・コルベット(7MT):918万2000円
・コルベット(8AT):935万円
・コルベットZ51(7MT):1088万2000円
・コルベットZ51(8AT):1105万円
・コルベット コンバーチブル(8AT):995万円
・コルベット コンバーチブルZ51(8AT):1165万円

(webCG)

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • GMジャパンが新型「シボレー・コルベット」を日本初公開【東京オートサロン2020】 2019.12.18 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年12月18日、千葉の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)において、新型「シボレー・コルベット」を日本初公開すると発表した。
  • 8代目「シボレー・コルベット」が登場 ミドシップの駆動レイアウトを初採用 2019.7.19 自動車ニュース GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット」を発表。コルベット史上初となるMRの駆動レイアウトが用いられており、495hpを発生するエンジンと軽量ボディーの組み合わせにより、0-60mph(96km/h)加速3秒以下という動力性能を実現している。
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
ホームへ戻る