レンジローバー・イヴォーク日本デビュー【東京モーターショー2011】

2011.12.02 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】ランドローバー、「レンジローバー・イヴォーク」を発表

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2011年11月30日に開幕した第42回東京モーターショーにおいて、「レンジローバー・イヴォーク」を発表した。

ランドローバーのラインナップに加わる「レンジローバー・イヴォーク」は、シャープなスタイリングが特徴の小型SUVだ。3ドアモデルのボディーサイズは全長×全幅×全高=4355×1900×1605mm(5ドアは全高が+30mm)。パワーユニットは2リッター直4ターボ(240ps、34.7kgm)のみ。5ドアの「イヴォーク」と3ドアの「イヴォーク クーペ」が用意され、イヴォークが450万円から、クーペが470万円からの価格設定となる。

英国ジャガーランドローバー本社のセールスディレクター、フィル・ポップハム氏は、イヴォークについて「現在の予約注文数は世界中で4万台に届く勢いです。80%は、初めて当ブランドを購入されるお客様です。このことは価値のある、また説得力をもつ本物の製品が、いかに新しいお客様を引きつけることができるか、ということを証明しています」とコメントした。

12月3日から受注が開始され、発売は2012年3月3日。輸入車の“コンパクトSUV”というカテゴリーの注目モデルとなることは間違いないだろう。

(文と写真=岩尾信哉)

ジャガーランドローバー本社のセールスディレクターのフィル・ポップハム氏(左)とジャガー・ランドローバー・ジャパンのラッセル・アンダーソン社長(右)
ジャガーランドローバー本社のセールスディレクターのフィル・ポップハム氏(左)とジャガー・ランドローバー・ジャパンのラッセル・アンダーソン社長(右) 拡大
2008年のコンセプトカー「LRX」に近いプロファイルを持つ3ドアの「イヴォーク クーペ」。
2008年のコンセプトカー「LRX」に近いプロファイルを持つ3ドアの「イヴォーク クーペ」。 拡大
「イヴォーク クーペ」より全高が30mm高くても、変わらずシャープな印象の5ドアの「イヴォーク」。
「イヴォーク クーペ」より全高が30mm高くても、変わらずシャープな印象の5ドアの「イヴォーク」。 拡大

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 東京モーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
ホームへ戻る