まだまだ出てくる新型MINI【東京モーターショー2011】

2011.12.01 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】まだまだ出てくる新型MINI

BMWジャパンは第42回東京モーターショーにおいて、MINIブランドの最新モデルである「MINIクーペ」のほか、2011年のデトロイトショーで世界初公開された「ペースマン コンセプト」をお披露目した。

■ブリーフィングはあっさりと

BMWの直後に行われたMINIのプレスカンファレンス。壇上には、BMWのブースでもスピーチを担当した独BMW AGのセールス&マーケティング担当上級副社長イアン・ロバートソン氏が立った。

しかし、ふたりの上級副社長がガッツリとニューモデルや今後の取り組みを解説したBMWとは異なり、販売成績のほか、今回の展示の中心モデルである「MINIクーペ」と「ペースマン コンセプト」をさらっと紹介しただけ。プレスカンファレンスは時間も短く、非常にあっさりとしたものだった。

東京モーターショー一般公開日の12月3日からいよいよデリバリーが始まる「MINIクーペ」について、イアン・ロバートソン氏は「MINIのアイデンティティーを失うことなくスタイリッシュなルックスに仕立てた」ことをアピール。また、MINI特有のゴーカートフィールの走りにも、一層磨きを掛けたという。

また、「MINIクーペ」や、これからの日本導入が予定されている「MINIロードスター」に続く“第7のMINI”として、今回お披露目した「ペースマン コンセプト」が開発中であることも明らかになった。ペースマン コンセプトは4ドア4シーターの「MINIクロスオーバー」をベースに2ドアクーペとしたもの。発売時期などはアナウンスされなかったが、「クーペは構想から生産まで2年という短時間で仕上げた」ことを強調していたところをみると、もしかすると来年中には市販モデルがその姿を現すかもしれない。

■MINIクーペがもらえる!?

MINIは東京モーターショーの会期中、スマートフォンで遊べるバーチャルゲーム『MINIクーペ ハンティング大作戦』を展開する。
ゲームの内容は、「バーチャルなMINIクーペ」の保有権を奪い合うというもの。プレイするためのアプリケーションは、2011年12月3日13時に配信が開始され、東京モーターショー最終日の12月11日13時の時点で保有権を持っていた人にはなんと、バーチャルではない実車の「MINIクーペ」がプレゼントされるという。なお、ゲームがプレイ可能な場所はモーターショーの会場だけにとどまらず、東京23区内が対象となっている。

(文と写真=新井一樹)

デリバリーが始まった「MINIクーペ」を真ん中に据えたMINIブース。
デリバリーが始まった「MINIクーペ」を真ん中に据えたMINIブース。 拡大
独BMW AGのセールス&マーケティング担当上級副社長イアン・ロバートソン氏が、BMWブースに続いてスピーチを行った。
独BMW AGのセールス&マーケティング担当上級副社長イアン・ロバートソン氏が、BMWブースに続いてスピーチを行った。 拡大
クーペの傍らではカジュアルな服装のコンパニオンがニッコリ。
クーペの傍らではカジュアルな服装のコンパニオンがニッコリ。 拡大
「ペースマン コンセプト」はクロスオーバーの2ドアクーペ版といういでたち。
「ペースマン コンセプト」はクロスオーバーの2ドアクーペ版といういでたち。 拡大
「MINIクラブマン」の上に飾られているのは、今年からWRCに参戦している「ジョンクーパーワークスWRC」。
「MINIクラブマン」の上に飾られているのは、今年からWRCに参戦している「ジョンクーパーワークスWRC」。 拡大
こちらはMINIグッズを販売する自販機。
こちらはMINIグッズを販売する自販機。 拡大

関連キーワード:
MINIクーペ, MINIペースマン, MINI, 東京モーターショー2011, ミニ, イベント, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーペ 2011.6.22 画像・写真 独BMWは2011年6月21日、MINIの第5のボディバリエーション「MINIクーペ」を発表した。
  • MINIクーパーS クーペ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.11 試乗記 MINIクーパーS クーペ(FF/6MT)
    ……383万3270円

    MINIシリーズ初の2シーターモデルとして生まれた「MINIクーペ」。クルマとしてのできは、いかほどか? ホットな“クーパーS”で確かめた。
  • コンセプトカー「MINIビジョン」は次期型の予告編? 2013.7.30 画像・写真 次のMINIはこうなる!? コンセプトカー「MINIビジョン」を写真で紹介する。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
ホームへ戻る