ポルシェ911 GT3 RSの予約受注開始【ジュネーブショー2015】

2015.03.05 自動車ニュース
「ポルシェ911 GT3 RS」
「ポルシェ911 GT3 RS」 拡大

【ジュネーブショー2015】ポルシェが「911 GT3 RS」の予約受注を開始

独ポルシェはジュネーブショー2015(会期:2015年3月3日~15日)で「911 GT3」を上回る走行性能を備えた高性能スポーツカー「911 GT3 RS」を公開した。それにともないポルシェ ジャパンは2015年3月23日、同モデルの予約受注を全国のポルシェ正規販売店で開始する。トランスミッションは7段PDKで、ハンドル位置は左のみ。希望小売価格は2530万円。

■500psの4リッター水平対向エンジンを搭載

911 GT3 RSのコンセプトは「現在考えうる最高のモータースポーツテクノロジーが導入された、普段の街乗りにも使用できる公道仕様の911」。駆動システム、エアロダイナミクス、および軽量構造に対する大幅な変更により、911 GT3を上回る走行性能を備えている。ニュルブルクリンクの北コースでのラップタイムは、同社のスーパースポーツカー「カレラGT」が打ち立てた7分29秒を上回る7分20秒を記録したという。

エンジンは911シリーズの直噴自然吸気エンジンとしては最大となる4リッターの水平対向6気筒で、500ps(368kW)と46.9kgm(460Nm)を発生する。加速性能は0-100km/hが3.3秒で、0-200km/hが10.9秒。燃費は12.7リッター/100km(約7.9km/リッター:NEDC複合モード)と発表されている。

従来のマニュアルトランスミッションのクラッチに相当する「パドルニュートラル」クラッチ解除機能や、ピットスピードスイッチによる速度制限機能など、モータースポーツ向けの機能が備わる。

軽量化も911 GT3 RSの特徴。ルーフがマグネシウム、フロントフードおよびエンジンフードがカーボンとなるなど、ボディーの各所に軽量素材が用いられており、911 GT3と比較して約10kg軽量化されている。軽量ルーフによって重心が下がり、横方向のダイナミクスが改善されているばかりか、「911ターボ」から譲り受けたボディーとRS専用エアロパーツによって、その走りはレーシングカーに近いレベルにあるとうたわれる。

(webCG)

関連キーワード:
911, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る