第285回:「アルト ターボRS」に歴史あり! ~スズキ“ハイパフォーマンス軽”の系譜をたどる(前編)

2015.03.27 エディターから一言
1970年「フロンテSSS」。68年に登場したフロンテ初のホットモデルである「SS360」のマイナーチェンジ版。
1970年「フロンテSSS」。68年に登場したフロンテ初のホットモデルである「SS360」のマイナーチェンジ版。
    拡大

2015年3月11日、スズキは、個性的なスタイリングの新型「アルト」をベースとした高性能モデル「アルト ターボRS」を発売した。
スズキにとっては久々のスポーティーな軽であるが、走りにこだわるこうしたモデルは、これまでもたびたび見られたもので、1960年代後半に出た「フロンテSS360」や、その後の「フロンテ クーペ」、歴代「アルトワークス」など、当時話題となったモデルは数多い。

具体的に、過去、どんなホットモデルがあっただろうか? 読者諸兄の記憶には、どのモデルが残っているだろうか? ここで、スズキが世に送り出したハイパフォーマンス軽の変遷を振り返ってみよう。

1955年に登場したスズキ初の四輪にして軽自動車である「スズライトSF」。16psを発生する空冷2ストローク2気筒エンジンで前輪を駆動した。当時国産の自動車用でもっとも小径だったという16インチのホイール/タイヤが目立つ。このセダンのほかにハッチバッククーペ風のライトバンとピックアップもあった。
1955年に登場したスズキ初の四輪にして軽自動車である「スズライトSF」。16psを発生する空冷2ストローク2気筒エンジンで前輪を駆動した。当時国産の自動車用でもっとも小径だったという16インチのホイール/タイヤが目立つ。このセダンのほかにハッチバッククーペ風のライトバンとピックアップもあった。
    拡大
1962年「スズライトフロンテ360(TLA)」。くしくも「ミニ」と同じ59年に誕生した商用バンの「スズライトTL」をベースにした軽乗用車。前輪を駆動する空冷2ストローク2気筒360ccエンジンは21psを発生。ホイール/タイヤは他社の軽がみな10インチだったのに対して12インチだった。
1962年「スズライトフロンテ360(TLA)」。くしくも「ミニ」と同じ59年に誕生した商用バンの「スズライトTL」をベースにした軽乗用車。前輪を駆動する空冷2ストローク2気筒360ccエンジンは21psを発生。ホイール/タイヤは他社の軽がみな10インチだったのに対して12インチだった。
    拡大

軽のパイオニア

スズキは1955年に自身初の四輪車となる軽自動車「スズライトSF」を発売した。現存する自動車メーカーのなかでは、最も早い軽市場への参入となる。またスズライトSFは前輪駆動(FF)を採用しており、国産FF車のパイオニアでもあった。

その後62年に登場した「スズライトフロンテ360」の空冷2ストローク2気筒エンジンは、当時の軽では最強の21psを発生。翌63年に鈴鹿サーキットで開かれた第1回日本グランプリでは、下馬評では優勢とされ予選でも速かった「スバル360」を抑えて優勝した。スズキは60年から二輪世界グランプリに参戦しており、2ストロークエンジンのチューニングとレースにおける駆け引きを会得していたことが勝因と思われるが、肝心の市場では地味な存在だった。

スズキ アルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • スズキ・ワゴンRスマイル ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2021.9.28 試乗記 スズキから、リアスライドドアを備えた新しい軽ハイトワゴン「ワゴンRスマイル」が登場。「ワゴンR」と「スペーシア」の間を埋めるニューモデルのターゲットは? ライバルとの違いは? 用意周到な戦略のもとに登場した新型車の仕上がりをリポートする。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ホンダN-ONE RS(FF/6MT)【試乗記】 2021.3.3 試乗記 ボディーパネルの大半をキャリーオーバーという前代未聞のフルモデルチェンジを果たした「ホンダN-ONE」。となると、中身のブラッシュアップに相当な熱意が込められていると考えるのが自然だろう。新規設定されたターボエンジン×6段MT仕様に試乗した。
ホームへ戻る