アウディA5スポーツバック/A5クーペに限定車

2015.06.23 自動車ニュース
「アウディA5クーペ S line コンペティション プラス」
「アウディA5クーペ S line コンペティション プラス」 拡大

「アウディA5スポーツバック/A5クーペ」の特別限定車発売

アウディジャパンは2015年6月23日、特別限定車「A5スポーツバック S line competition plus(コンペティション プラス)」および「A5クーペ S line コンペティション プラス」を発売した。

「A5クーペ S line コンペティション プラス」
「A5クーペ S line コンペティション プラス」 拡大
ハイグロスブラック仕上げの19インチアルミホイール。
ハイグロスブラック仕上げの19インチアルミホイール。 拡大
「A5スポーツバック S line コンペティション プラス」
「A5スポーツバック S line コンペティション プラス」 拡大

今回のA5スポーツバック S line コンペティションとA5クーペ S line コンペティション プラスは、それぞれ「A5スポーツバック 2.0 TFSIクワトロ」と「A5クーペ 2.0 TFSIクワトロ」をベースに、スポーティーな装備が追加された特別限定車だ。

エクステリアは、専用バンパー、ブラックハイグロススタイリングパッケージ(Audi exclusive)、エクステリアミラーハウジングハイグロスブラック、アルミホイール10Yスポークデザイン ハイグロスブラック9Jx19(Audi Sport)でドレスアップ。
インテリアについても、S lineロゴ入りファインナッパレザースポーツシート(フロント)やドアアームレストレザー、デコラティブパネルマットブラッシュトアルミニウム、ヘッドライニングブラックが与えられる。

足まわりは、S lineスポーツサスペンションを装備。アシスタンスパッケージ(アダプティブクルーズコントロール/アウディサイドアシスト/アウディアクティブレーンアシスト)、アウディパーキングシステムリアビューカメラなどの運転支援システムも備わっている。

ボディーカラーは、デイトナグレー、スズカグレー、ミサノレッドの3種類で、販売台数と価格は以下の通り。

・A5スポーツバック S line コンペティション プラス(110台):707万円
・A5クーペ S line コンペティション プラス(15台):713万円

(webCG)

関連キーワード:
A5スポーツバック, A5, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A5スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • メルセデス・ベンツGLS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.6.15 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジ。クリーンディーゼルエンジンを搭載する最新型はどんなクルマに仕上がっているのか、3列シートの使い勝手を含めリポートする。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る