アウディA5スポーツバック/A5クーペに限定車

2015.06.23 自動車ニュース
「アウディA5クーペ S line コンペティション プラス」
「アウディA5クーペ S line コンペティション プラス」 拡大

「アウディA5スポーツバック/A5クーペ」の特別限定車発売

アウディジャパンは2015年6月23日、特別限定車「A5スポーツバック S line competition plus(コンペティション プラス)」および「A5クーペ S line コンペティション プラス」を発売した。

「A5クーペ S line コンペティション プラス」
「A5クーペ S line コンペティション プラス」 拡大
ハイグロスブラック仕上げの19インチアルミホイール。
ハイグロスブラック仕上げの19インチアルミホイール。 拡大
「A5スポーツバック S line コンペティション プラス」
「A5スポーツバック S line コンペティション プラス」 拡大

今回のA5スポーツバック S line コンペティションとA5クーペ S line コンペティション プラスは、それぞれ「A5スポーツバック 2.0 TFSIクワトロ」と「A5クーペ 2.0 TFSIクワトロ」をベースに、スポーティーな装備が追加された特別限定車だ。

エクステリアは、専用バンパー、ブラックハイグロススタイリングパッケージ(Audi exclusive)、エクステリアミラーハウジングハイグロスブラック、アルミホイール10Yスポークデザイン ハイグロスブラック9Jx19(Audi Sport)でドレスアップ。
インテリアについても、S lineロゴ入りファインナッパレザースポーツシート(フロント)やドアアームレストレザー、デコラティブパネルマットブラッシュトアルミニウム、ヘッドライニングブラックが与えられる。

足まわりは、S lineスポーツサスペンションを装備。アシスタンスパッケージ(アダプティブクルーズコントロール/アウディサイドアシスト/アウディアクティブレーンアシスト)、アウディパーキングシステムリアビューカメラなどの運転支援システムも備わっている。

ボディーカラーは、デイトナグレー、スズカグレー、ミサノレッドの3種類で、販売台数と価格は以下の通り。

・A5スポーツバック S line コンペティション プラス(110台):707万円
・A5クーペ S line コンペティション プラス(15台):713万円

(webCG)

関連キーワード:
A5スポーツバック, A5, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A5スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
ホームへ戻る